春分の日は、ほぼ全国で暖かな日差し。でも九州は雨。雨雲はジワジワ東へ。21日は全国的に雨で、九州から関東は沿岸部を中心に本降りに。風も強まり、横なぐりの雨の所も。

●連休明け 全国で傘の出番

春分の日は、晴れている所が多いものの、西から近づく気圧の谷の影響で九州では雨が降っています。夜には中国・四国も広く雨となるでしょう。
21日は、前線を伴った低気圧が、本州の南岸と日本海をそれぞれ東へ進むため、全国的に天気が崩れます。
特に、九州から関東にかけては太平洋側の沿岸部を中心に降り方の強まることがありそうです。

●各地の雨の時間帯や降り方など

●沖縄と九州:朝まで。沖縄本島地方や、鹿児島県では雷を伴う所があるでしょう。雨が止んでくる日中は晴れてきますが、北よりの風が強まってきます。
●中国と四国:昼前まで。高知県をはじめ、四国では雷雨になる所がありそうです。こちらも、雨が止んでくる午後は冷たい北風が強まってきます。
●近畿と東海:未明から広く雨が降り始め、朝の通勤の時間帯から昼過ぎにかけて本降りに。沿岸部は風も強まります。雨は夕方には止んできますが、風の強い状態はしばらく続くでしょう。
●関東:朝の通勤の時間帯から雨が降り出します。昼過ぎから午後6時前後にかけて、主に南部で本降りとなりそうです。千葉県など沿岸部を中心に、雨粒が地面から跳ね返るほど強く降る所もあるでしょう。同時に風も強く吹いて、横殴りの雨になりそうです。雨は夜遅くには止んでくるでしょう。
●北陸と東北、北海道:北陸は朝から、東北と北海道も昼前後から天気が崩れます。降るものは、北陸と東北の平地は広く雨、東北の山沿いと北海道は湿った雪や雨でしょう。各地、夜遅くにかけて雨や雪が断続的に降る見込みです。
各地、雨や雪で、空気が冷たく感じられるでしょう。
関東から西は、きょうは上着がいらないくらいの暖かさですが、あすは冬のコートが必要な所が多くなりそうです。