• Amazon
  • 楽天市場
  • ヤフオク
  • YouTube
  • Yahoo!ショッピング
  • じゃらん
  • sns
    1. Twitter
    2. Facebook
  • Google
  • Yahoo!
yahoo

Current Lifeの記事一覧

旧車の6割が現役なのはなぜ?気になるドイツでのクラシックカーの維持費を調べてみた

2017.05.25 00:00

ドイツのクラシックカーにおける優遇制度は「Hナンバー」の話題を中心に、カレントライフでもご紹介してきました。Hナンバーを探しに、クラシックカーミーティングに参加してみて印象的だったのは、若い世代のオーナーさんも結構いらっしゃるとい...続きを読む

オリジナルが至高の価値観を変えるか?クラシックポルシェのカスタムはドイツでも人気となるのか

2017.05.24 00:00

近年、クラシックポルシェをカスタムする業者が増えてきました。その中でも世界的に有名なのは、アメリカのシンガーですね。ポルシェ911(964)などをベースにしたナロー風カスタムが、彼らの成功をきっかけに世界でクラシックポルシェの需要...続きを読む

25年経っても色褪せない・・・。ロールスロイスを見て、ロールスロイスについて語らう

2017.05.24 00:00

多くの方にとって一番身近なロールスロイスといえば…、航空機のエンジンではないでしょうか。筆者も、何かの折に飛行機に乗る際は、エンジン部分にロールスロイスのロゴがないか、無意識のうちにチェックしてしまいます。そして、それがロールスロ...続きを読む

凄腕エンジンビルダーのガレージライフとは?愛と情熱が詰まった「オフィス・トミタク」

2017.05.23 05:11

『トミタクさん』こと富松拓也(とみまつ・たくや)さんのカーライフを2部構成でお届けしている今回。後編は自慢のガレージをご紹介します。 トミタクさんは自動車関連会社でチーフエンジニアとして活躍。仕事もプライベートも、大好きなクルマに...続きを読む

ロックンロールが蘇る!エルビスの元愛車BMW507がレストア後の姿を初披露

2017.05.23 00:00

去年、BMWのクラシックチームでフルレストアが施されたBMW507が話題となりました。2014年にBMWコレクターの納屋から発見されたこの507。シャシーナンバー70079から判明したのは、なんとあの世紀のロックンローラー、エルビ...続きを読む

自分が「老人の運転」となった時、運転免許証を返納できるのだろうか?

2017.05.22 05:20

今、とあるシニア世代向け雑誌からの依頼を受けて人生初の「官能小説」を執筆している。見開き(2ページ分)程度の短編ではあるが。シニア世代向けというからには想定読者も当然シニア層で、「具体的には65歳から75歳ぐらいの男女が読むと思っ...続きを読む

旧東ドイツのクラシックカー「トラバント」をベルリンで楽しもう!

2017.05.22 04:50

VEBザクセンリンク社が生産していた、旧東ドイツの大衆車「トラバント」。生産を終えてから既に25年が経過していますが、今もドイツの人々に「トラビ(Trabi)」の愛称で親しまれています。 ▲雨のベルリンを颯爽と走り抜けるトラバ...続きを読む

馴染んでいく感覚が心地良い!「フィアット600 プリマ セリエ」オーナー、豊泉 浩さんへインタビュー

2017.05.20 00:00

洋服や靴など、少しずつ時間を掛けて自分の身体に馴染んでいくものほど愛着が湧くものです。クルマという工業製品を自分だけの1台に仕立てていく・・・。新車であればボディカラーや内装の革の色、さまざまなオプションを含めたカスタマイズを施す...続きを読む

皆さんにとって、クルマで聞くラジオとはどんな存在でしょうか?

2017.05.19 05:16

クルマに乗るとしばしばラジオを聞いています。朝と午後、そして夜はNHKでクラシック音楽も放送されますので、そんなのをよく聞いたりしています。あの番組の中でずいぶん好きな曲のレパートリーも増えたと思います。みなさんにとってラジオとは...続きを読む

いまや20インチもあたりまえ?社会科見学で観てみたいホイール生産工場

2017.05.19 00:00

クルマに100%装着されているパーツのひとつといえば、ホイールです。メーカーやデザイン、サイズ、素材など、多種多様な製品が存在しています。クルマを所有している方であれば身近な存在でもあるホイール。その生産風景が紹介されることはあま...続きを読む

1 / 512345
ページトップ