2020年3月9日

  日本通運株式会社(社長:齋藤充)の東アジアブロック(常務執行役員:杉山龍雄)は、中国外運股份有限公司(以下、中国外運)と連携し、上海市から武漢市までの鉄道を利用した「救援物資輸送サービス」を開始いたします。
 
 今般の新型コロナウィルスの影響により、武漢市への輸送については様々な制限が設けられており、特にトラックによる輸送は困難な状況となっています。この度、お客様からのご要望を受け、鉄道輸送のルートを確保することで、武漢市までの輸送の問題を解決するサービスを確立しました。

【サービスの特長】
1.中国最大手の総合物流企業である中国外運との連携により、鉄道輸送による確実な輸送を提供します。
2.鉄道輸送による大量輸送、定時運行と安定したリードタイムを実現します。
3.貨物量に応じてコンテナ貸切輸送(FCL)、混載輸送(LCL)サービスの利用が可能です。
  ・FCL-毎日運行  武漢の呉家山貨物ターミナルまで
  ・LCL-週1回運行 中国外運倉庫(武漢市蔡甸経済開発区内)まで

※武漢の業務復旧の状況により、サービスの内容に変更が生じる場合があります。また、着駅ではお荷物の引き取り制限があります。詳しくは事前にお問い合わせください。

【主に対象となる貨物】
マスクや食品などの救援物資および一般貨物(※品目は要事前確認)

  当社は、グローバルロジスティクスカンパニーとして、物流を通じて社会に貢献してまいります。                              

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「日通東アジアブロック、中国外運と連携した鉄道輸送での 武漢向け「救援物資輸送サービス」を開始