2018年12月5日

ARアドバンストテクノロジ株式会社


クラウドソリューションのARI、UiPath社と開発リソースパートナー契約を締結

クラウド技術を活用したソリューションやコンサルティングサービスを提供するARアドバンストテクノロジ株式会社(所在地:東京都渋谷区渋谷1-14-16 代表取締役:武内 寿憲、以下、ARI)は、RPA(Robotic Process Automation)分野において世界のリーディングカンパニーである米UiPath(ユーアイパス)社の日本法人であるUiPath株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:長谷川 康一、以下UiPath社)より開発リソースパートナーとして認定されました。今後ARIは、クラウドやAIに加え、RPA領域においてもソリューション提供体制の充実を図り、お客様のビジネスの自動化、効率化を推進します。

働き方改革により、人々のワーク・ライフ・バランスの実現や生産性の向上が求められる中、国内における生産年齢人口は1995年の9700万人をピークに2027年には7000万人まで減少すると予測されており*、企業における人材確保や業務の省力化・効率化は重要性を増しております。
ARIではこれまでクラウドを含めたシステム領域の自動化に取り組んでまいりましたが、今回のUiPath開発リソースパートナーの認定を機に、RPAの導入によるビジネス領域の自動化を推進します。ソリューションからコンサルティングまで提供できるARIの強みを活かし、システム領域から業務領域まで連続した幅広いビジネスプロセスの改善を支援し、企業の課題解決と生産性向上を推進します。
ARIはRPAのお客様への導入支援と運用保守を通じて、人手不足の解消や業務効率の改善に積極的に取り組むとともに、将来的にAI技術と組み合わせることで、お客様のビジネスプロセスの分析と可視化し、より進化した形でRPAソリューションの提供を予定しております。
*公益財団法人 日本生産性本部 労働生産性の国際比較 2017 年版


■UiPath認定 開発リソースパートナーについて
UiPath社がパートナー、エンドユーザー向けの開発リソースの可視化、質、量の向上を目的に、UiPath製品の技術スキルやRPA製品の導入実績など、一定の要件を満たすベンダー企業を認定するパートナー制度。ARIは本パートナープログラムへの参画によって、RPA導入支援・運用保守サービスに注力し、お客様企業の生産性向上に貢献してまいります。

■UiPath株式会社について
UiPath社は、お客様の業務プロセスを効率的に自動化するためのソフトウェアプラットフォームを提供する世界のトップRPAカンパニー。米国を本社とするUiPath社は、日本、英国、ルーマニア、フランス、ドイツ、インド、シンガポール、香港、オーストラリア等に拠点を持ち、約1,800社のRPAによる自動化実績を有しています。日本法人は2017年2月に設立され、すでに600社*のお客様にご利用頂いております。
*2018年10月末現在

本プログラム及びUiPathの詳細につきましてはUiPath社のリリースをご確認下さい。
https://www.uipath.com/ja/

■ARIの事業内容 について
創業より仮想化技術への知見を武器に、クラウド導入支援事業を展開。「Cloud Architect」を掲げ、 クラウド技術を活用した運用自動化や、ヘルスケア、AI などのソリューションの提供や、BPRや新規事業立案等のビジネスコンサルティングを実施。クラウドの普及に伴いサービスを拡充。問題の本質を見極め、先進性のある技術を通して効果的に顧客の課題解決を支援しています。

【ARアドバンストテクノロジ株式会社 会社概要】
社   名:ARアドバンストテクノロジ株式会社(略称:ARI)
設   立:2010年1月
資 本 金:10,000万円
事業内容:クラウド技術を主としたソリューションサービス事業
グループ事業所: 東京、大阪、名古屋
URL:https://www.ari-jp.com




情報提供元:PRワイヤー
記事名:「クラウドソリューションのARI、UiPath社と 開発リソースパートナー契約を締結