2018年3月13日

トレンダーズ株式会社

トレンダーズ株式会社、「Influencer Academy」を開校
第一期はTwitter×美容領域のインフルエンサーを育成

トレンダーズ株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表:岡本伊久男、東証マザーズ上場:証券コード 6069)は、インフルエンサーの活動をサポートし、企業との良好な関係構築を目指す、「Influencer Academy(インフルエンサーアカデミー)」事業を開始いたしました。

「Influencer Academy」とは
SNSの利用率と種類の増加に伴い、10代~40代のネット利用者の中には一人で複数アカウントを保有することも珍しくなくなりました。企業側も個人のSNS発信力に注目し、インフルエンサーと呼ばれる影響力のある個人を活用したプロモーション施策は年々増加しています。
Blog・Twitter・YouTube・InstagramなどのSNSで多くのフォロワーを抱える“インフルエンサー”に注目が集まり、これに憧れる人が増える一方で、インフルエンサー起用に不慣れな一部企業による問題も取りざたされています。

このような状況を踏まえトレンダーズは、「Influencer Academy」を立ち上げ、インフルエンサーの活動をサポートすることにいたしました。「Influencer Academy」では、法律知識はもちろん、自身の表現、効果的な投稿のノウハウを磨けるカリキュラムを準備。インフルエンサー自身がリテラシーを高めて企業と良好な関係を構築し、より効果的なプロモーションを通して社会に対する自身の影響力拡大を目指すことができます。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201803121799-O1-U3103E34

Influencer Academy:http://www.trenders.co.jp/influencer_academy/index.php


第一期生10名がTwitter×美容領域のインフルエンサーを目指す
先日、第一期生として「Twitter×美容」領域の募集をおこない、約350名の応募者の中から10名を選出いたしました。今後はカリキュラムの実施と共に、活動支援を行うことで、より影響力の大きいインフルエンサーの育成を目指してまいります。


■「Influencer Academy」カリキュラム
【基礎】
各SNSの特性や機能などの基礎知識に加え、企業プロモーションに参加する際に知っておきたいルールや法律、確定申告など、インフルエンサーとして活動する上で重要なコンプライアンスが学べます。必須科目として、全員が受講します。

【領域特化】
「美容」と「食」の領域に特化して法律知識を深めるほか、誤解を招きやすい表現、広告のルールなどが学べます。「美容」と「食」どちらかのカリキュラムを選択します。

【クリエイティブ】
伝わる文章表現や動画の撮影方法、最新編集アプリの使用方法、トレンド#(ハッシュタグ)のみつけ方など、SNSにおいて発信力を高めるためのテクニックを学べます。好きなカリキュラムを自由に選択できます。



情報提供元:PRワイヤー
記事名:「トレンダーズ株式会社、「Influencer Academy」を開校 第一期はTwitter×美容領域のインフルエンサーを育成