2017年8月4日

株式会社モリタホールディングス

全国消防救助技術大会[宮城]小学生の来場者対象「未来の消防車アイデアコンテスト」


モリタグループは、2017年8月23日(水)に、宮城県総合運動公園 グランディ・21(宮城県宮城郡)にて開催される『第46回全国消防救助技術大会[仙台・宮城2017]』に出展いたします。2011年3月11日に発生した東日本大震災以降、被災地での開催は初めてとなります。モリタグループブースでは、「13mブーム付多目的消防ポンプ自動車MVF」、海水でも発泡性能を有し、使用下限温度-20℃まで対応可能とした泡消火薬剤「ミラクルフォームα+(PLUS)」「水槽付ユニットCAFS積載車SmartCAFS」や、水難救助用ボート、LED投光器などの資機材等の展示、モリタオリジナルグッズ販売の他、小学生の来場者を対象に「未来の消防車」テーマとしたイラストを募集する「未来の消防車アイデアコンテスト in 東北 2017夏」を開催いたします。

当社では、1907年の創業から110年にわたり受け継がれてきた「一人でも多くのいのちを救いたい」という願いのもと、お子様の豊かな想像力を育むことを目的に、2005年から全国の小学生を対象に「未来の消防車アイデアコンテスト」を開催しています。第12回目となった前回は、全国から999作品のご応募を頂きました。東日本大震災以降、被災地での開催は初となる同大会に来場される小学生の皆様が、想像すること、挑戦することの楽しさを改めて実感する機会となることを願い、小学生の来場者を対象とした「未来の消防車アイデアコンテスト」を開催することとなりました。

大会当日、モリタグループブースにて、当コンテストに関する告知資料を配布し、上位2作品に選ばれたお子様をモリタの消防車製造工場である三田(さんだ)工場(兵庫県三田(さんだ)市)にご招待いたします。入賞者の発表は、11月9日(木)に株式会社モリタホールディングスのWebサイト上にて行います。なお、モリタグループブースでは、「第12回未来の消防車アイデアコンテスト」のイラスト展示の他、来場記念として、先着500名のお子様を対象に「モリタオリジナルミニタオル(はしご車と小鳥)」をプレゼントいたします。

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「全国消防救助技術大会[仙台・宮城]出展記念 小学生の来場者を対象に「未来の消防車アイデアコンテスト」