2017年8月3日

葛飾区伝統工芸職人弟子入り支援事業事務局

「未来に繋げ!! 江戸伝統工芸、匠の技」葛飾区伝統工芸職人弟子入り希望者を募集中


【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201707213966-O1-1Bh5TMwc 】 

 江戸伝統工芸の技を継承する「職人」が多く就業している地域の東京・葛飾区では、区内の優れた伝統工芸技術・技法の保護、継承者の育成を目的した様々な支援事業を実施しています。
 今回は、平成29年7月18日(火)~8月18日(金)までの間、全国から伝統工芸に興味のある人材を募り、葛飾区認定の伝統工芸士のもと講習期間から弟子入りまでの約2年の間、生活費補助や家賃補助などの支援を行ないます。 
  参加職種及び受入職人は、東京手描友禅(兵藤 修)、銅版仏画(柳 富治)、東京三味線(河野 公昭)、江戸型彫(矢田 幸蔵)、江戸節句人形(菊池 之夫)、硝子彫刻(松浦 勝利)、江戸打刃物(八重樫 宗秋)の7人。 それぞれの職人につき最大2人の講習生の受け入れを予定しています。 

詳細 : http://katsu-deshiiri.com をご確認ください。
  
【 葛飾区伝統工芸職人弟子入り支援事業 -募集要領- 】

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201707213966-O3-VljZlXTx

◆募集期間
7月18日(火)~8月18日(金) 書類選考結果通知:8月下旬 
※書類選考後面接選考を実施します。

◆応募資格
・概ね19歳から30歳までの方。(未成年者の場合は保護者の承諾が必要です)
・心身共に健全であること。
・伝統工芸士を目指す強い意欲をもっていること。
・伝統工芸士を雇用主とする雇用契約を結ぶことが可能であること。
※居住地は問いませんが、面接参加のための旅費等応募に関する費用は自己負担とします。

◆支援期間
・講習期間(3ヶ月間):平成29年10月~12月
・仮弟子期間(6ヶ月間):平成30年1月~6月
・弟子期間(15ヶ月間) :平成30年7月~平成31年9月

◆支援内容
・上記講習期間、仮弟子期間、弟子期間における生活費の一部補助
・専任コーディネータによる相談サポート等

◆応募方法応募書類
・応募申込書(公式サイト http://katsu-deshiiri.com よりダウンロード)
・履歴書(写真添付) 法令様式等、一般的な様式で可
・作文「私が伝統工芸士をめざす理由」800字程度 (A4サイズ任意様式に記入)

◆応募書類提出先(持参または郵送での提出のみ受け付けます。)
持参の場合:土日祝日を除く9時から17時
郵送の場合:8月18日(金)必着
〒125-0062 東京都葛飾区青戸7-2-1 テクノプラザかつしか2階
葛飾区産業観光部商工振興課工業振興係

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「葛飾区伝統工芸職人弟子入り希望者募集