研修の様子

 ツネイシCバリューズ株式会社(所在地:広島県福山市沼隈町常石1083、代表取締役社長:綿谷伸二)は10月26日、自動車のリサイクルと部品販売を手掛けるカーリサイクル部の社員11人を対象に、事業継続マネジメント(BCM:Business Continuity Management)による大地震を想定した危機管理の研修訓練を実施しました。

 研修の冒頭、松本一宏専務取締役は「今年は自然災害が多く、当社にも被災した社員がいます。今回の研修訓練では、自然災害による危機の基本知識を学び、大地震に遭遇した場合にどのような行動を取るべきかを、自分の事として考えながら取り組んでください」と、研修の狙いを話しました。

 前半の「危機管理の基礎知識」では、発生した危機からの迅速な事業復旧、平時での危機予防・軽減を目的とする常石グループのBCMを学び、ハザードマップを用いながらツネイシCバリューズの本社周辺および常石エリアの河川氾濫・土砂崩れの想定区域を確認しました。

 後半の訓練では、参加者に大地震に遭遇した時の対処法を考えてもらうため、グループワークを実施し、初動三原則(1:自分の安全を確保する 2:災害初期対応・負傷者救助 3:会社への安否・被災報告)や当事者意識の共有を通して、実際に地震が起こった時の対応力を高めました。

 最後に、危機管理担当取締役である小田一夫専務は「今回の研修は、皆さんに地震に遭った場合の対処法を考えていただく良い機会となりました。危機発生直後の初動三原則の遵守などに加え、避難通路を確保するため日頃から現場の整理・整頓も心掛けてください」と総括しました。

 ツネイシCバリューズでは、自然災害や緊急時において社員の安全と事業の継続を守るため、今後も研修訓練を重ね、危機への対応力を高めていきます。

■ ツネイシCバリューズ株式会社
エネルギーの安定供給をはじめ、サービスステーションの運営、新車、中古車の販売・整備から使用済自動車の部品の再利用・再資源化による100%リサイクル、保険事業にいたるまで、カーライフをトータルにサポート。さらに、産業用から住宅用まで太陽光発電の設置・販売やガスなど、ホームエネルギーに関連する事業も展開しています。

URL: http://www.tsuneishi-cv.jp/
代表取締役社長 : 綿谷伸二
事業内容 :
- カーライフのトータルサポート
サービスステーション(SS)運営、石油製品卸売およびSS経営サポート、新車・中古車販売、保険代理業、車両リース、カーリサイクル、自動車中古部品輸出入販売業、EV販売など
- ホームエネルギーの安定供給 
電力小売、太陽光発電パネル設置、ガス販売など
創業 : 1952年5月
資本金 : 1億円
関連会社 :
TCV PARAGUAY S.A(パラグアイ・ビリェタ)
http://tcv-paraguay.com/
Tsuneishi C Values Philippines, Inc.(フィリピン・セブ島)
ツネイシEVラボ株式会社(広島県福山市)

-本件に関するお問い合わせ先-
ツネイシCバリューズ株式会社 総務人事課
〒720-0312 広島県福山市沼隈町能登原2488-9
TEL: 084-987-3200(代) / FAX: 084-987-1468


【付帯情報】
・研修の様子
http://itm.news2u.net/items/output/163201/1
・グループワークに取り組む受講者
http://itm.news2u.net/items/output/163201/2
・グループワークを通じて当事者意識を高めた
http://itm.news2u.net/items/output/163201/3

関連URL:http://www.tsuneishi-cv.jp/

News2uリリース詳細へ
News2u.net