「横須賀版キッズウィーク」の取り組みについて説明する上地横須賀市長、教育長(右)と横須賀商工会議所の平松会頭(左)

キッズウィークは、内閣府、文部科学省、厚生労働省、経済産業省等で推進する事業です。地域ごとに夏休みなどの学校の長期休業日から、一部の休業日を他の日に移して休業日を分散化することや、学校が休みとなった日に保護者等にも有給休暇の取得を促進することで、家族等での休日を楽しむことを目的としています。休日における多様な活動機会の確保と取り組みを官民一体として推進しております。

1 キッズウィークの実施に向けて

キッズウィーク協議会の設置
組織(予定)
・横須賀商工会議所
・横須賀商店街連合会
・横須賀市PTA協議会
・横須賀市立小学校校長会
・横須賀市立中学校校長会
・横須賀市(政策推進部、こども育成部、経済部)
・横須賀市教育委員会事務局

検討内容
・キッズウィークとする学校休業日について
・有給休暇取得に向けた環境整備に関する企業等への働き掛けについて
・キッズウィークを活かした地域経済活性化について
・保護者が休めない家庭の子どもへの対応について

2 横須賀版キッズウィークのイメージ
(1)国が目指す、「家庭や地域の教育力の向上」「働き方改革(休み方改革)」の趣旨に沿って取り組みを進め、取り組みにあたっては、教育現場や企業の実情に即した無理のない方法で進めます。
(2)市立小中学校の学校行事(運動会や授業参観等)による振替休日を活用し、土日や連休と組み合わせます。また、企業にも有給休暇取得を働き掛け、親子が共に休日を過ごす機会を創出します。


▼お問い合わせ
教育委員会事務局学校教育部教育指導課
横須賀市小川町11番地 本館1号館6階<郵便物:「〒238-8550 教育指導課」で届きます>
電話番号:046-822-8479
ファクス:046-822-6849


▽横須賀市について
横須賀市(市長:上地 克明)は、神奈川県・三浦半島の中央に位置し、東は東京湾、西は相模湾に面しています。東京湾の入り口にあたり、幕末にペリーが来航した「開国のまち」としても知られています。都心からほど近く(電車で横浜から約25分、品川から約50分)、海と緑の豊かな自然環境をいかしたさまざまな取り組みを行っています。また、よこすか海軍カレー、ヨコスカネイビーバーガー、日本遺産などの観光やウィンドサーフィンワールドカップ開催といった、マリンレジャーなどにも力を入れています。人口399,845人(2018年2月現在)。
横須賀市の詳細については、http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/index.htmlをご覧ください。

【付帯情報】
・「横須賀版キッズウィーク」の取り組みについて説明する上地横須賀市長、教育長(右)と横須賀商工会議所の平松会頭(左)
http://itm.news2u.net/items/output/159346/1

関連URL:http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/8310/nagekomi/180305yokosukadsweek.html

News2uリリース詳細へ
News2u.net