旅チャンネル『離島酒場』/TM & (c)2017 Turner Japan

各地の離島を訪ね、島の自然や人々と触れ合い、島内でのコミュニティの場でもある居酒屋で離島ならではの酒、肴を味わう旅番組!

全国のケーブルテレビ、スカパー!、IPTVで『旅チャンネル』(www.tabichan.jp)を放送中のターナージャパン株式会社(本社:東京都中央区、最高責任者/ジェネラルマネージャー:トム・ペリー)では、森脇健児が離島の居酒屋を訪ねる旅番組『離島酒場』(http://www.tabichan.jp/travelogue/ritousakaba/)の最新エピソードを2017年8月13日(日)午前10時から放送します。
 
『離島酒場』(http://www.tabichan.jp/travelogue/ritousakaba/)は各地の離島を訪ね、島の自然や人々と触れ合い、島内のコミュニティの場でもある居酒屋で離島ならではの酒、肴を味わう紀行番組。最新エピソードとなる第7話「弓削島」篇(8月13日(日)午前10時~)では愛媛県沖に浮かぶ弓削島へ。第8話「家島」篇(8月27日(日)午前10時~)では兵庫県姫路沖に位置する家島を訪ねます。

番組ナビゲーターの森脇健児は、「弓削島で訪ねた、島で造られている塩の工房では、出来立ての塩を魚にかけて特別にその場で焼いてくださったんです。工房の目の前の海に沈んでいく綺麗な夕陽を眺めながら味わいました。その後に訪ねた寿司居酒屋では、絶品の鯖寿司で一杯いただきました。家島は漁師の島なので、どのお店の魚も新鮮で美味しいんですよ」と、番組の見所を語りました。「これまで訪ねた島では、居酒屋の大将が島ならではの飲み方として、島で採れたミカンを焼酎に絞ってくださって。これが、めちゃくちゃ旨かったんですよ。新鮮なエビが食べられるという漁師が営む料理店では、生きたエビがそのまま出てきて。醤油をつけて食べようとしたら『船の上には醤油はない』って(笑)。そのまま漁師の味でいただいたり、離島でないとできない珍しい体験をしています。島で暮らしている個性的な人達との出会いも楽しみですね。有人の離島は400以上あると言われているので、番組で全て訪ねててみたいです」と、収録時のエピソードとともに番組への意気込みを語りました。

旅チャンネルでは、この他にも様々なテーマの旅番組を多数放送しております。

※『離島酒場』 http://www.tabichan.jp/travelogue/ritousakaba/


■会社概要
会社名:ターナージャパン株式会社
代表者:最高責任者/ジェネラルマネージャー トム・ペリー
所在地:東京都中央区
設立:1997年5月
TEL:0570-03-6611
URL:http://www.tabichan.jp

■お問い合わせ
ターナージャパン株式会社 
担当:マーケティングコミュニケーションズ部
堀切園智香・竹島訓・澁谷佳宗
http://www.tabichan.jp/inquiry
TEL:0570-03-6611


【付帯情報】
・旅チャンネル『離島酒場』/TM & (c)2017 Turner Japan
http://itm.news2u.net/items/output/155489/1
・旅チャンネル『離島酒場』/TM & (c)2017 Turner Japan
http://itm.news2u.net/items/output/155489/2
・旅チャンネル『離島酒場』/TM & (c)2017 Turner Japan
http://itm.news2u.net/items/output/155489/3

関連URL:http://www.tabichan.jp/travelogue/ritousakaba/

News2uリリース詳細へ
News2u.net