TOKYO, Mar 26, 2020 - (JCN Newswire) - NECソリューションイノベータは、生産現場の様々なセンサデータを見える化する「NEC IoT センサデータ可視化サービス」を、4月1日より提供開始します。

本サービスは、多種類のセンサデータをネットワーク等の現場環境を変更することなくクラウド上に自動収集し、1つのダッシュボード上で可視化(注)します。これにより、生産現場のデータ確認や情報収集などの業務効率化を支援します。

また、利用者側でダッシュボードの画面表示を変更することができるため、導入後のシステム開発などを実施することなく、目的に合わせた可視化が可能です。

当社は今後も、様々な生産工程の更なる効率改善や省力化などを支援し、持続可能な生産現場の実現を目指します。

背景
これまで、様々な生産現場では、温度や湿度などの生産現場環境の情報収集において、各種センサを目視で確認し、紙媒体に記録していました。そのため、情報の収集に手間がかかる、リアルタイムにデータの確認ができないなど、情報を効率的にデータ化することが課題となってきました。

そこで当社は、生産現場の業務効率化を支援するために、ネットワーク等の現場環境を変更することなく、生産現場に設置された各種センサデータを自動で収集し、可視化できるサービスの提供を開始することになりました。

特長
1. 多種類のセンサデータを自動収集・可視化
多種類のセンサデータをクラウド上に自動収集し、1つのダッシュボード上で可視化します。これにより、リアルタイムなデータ確認に加えて、情報収集の手間の軽減による業務効率化を支援します。

2. 利用目的に合わせた画面表示
PCでの閲覧時に適した4種類のパターンから選択できる標準的なダッシュボードを設定しています。それに加えて、利用者側でダッシュボードの画面表示を変更することができます。これにより、タブレットやスマートフォンでの閲覧時により見やすい表示にすることや、特定のデータのみを拡大して表示するなど、目的に合わせた可視化が可能になります。

3. 手軽なサービス導入を支援
データの可視化に必要なハードウェアやソフトウェア、回線などをまとめて提供します。また、生産ラインの設備変更やネットワーク等の現場環境を変更する必要がないため、手軽にサービスを導入することを支援します。

NECグループは、安全・安心・効率・公平という社会価値を創造する「社会ソリューション事業」をグローバルに推進しています。当社は、先進ICTや知見を融合し、人々がより明るく豊かに生きる、効率的で洗練された社会を実現していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.nec-solutioninnovators.co.jp/press/20200326/index.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「NECソリューションイノベータ、「NEC IoT センサデータ可視化サービス」を4月より提供開始