TOKYO, Mar 16, 2020 - (JCN Newswire) - 三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役CEO:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、MPV『エクスパンダー』のシリーズ追加モデルとなる新型『エクスパンダー クロス』の販売を本日タイで、去る13日にはフィリピンで開始いたしました。今後もアセアンを中心とする各国で順次販売していきます。

シリーズの最上位モデルとなる『エクスパンダー クロス』は、SUVならではの力強さ、高い走行性能と快適な乗り心地を実現しました。数々の賞*を受賞した『エクスパンダー』をベースにしており、MPVならではの使い勝手が良く広い室内空間を兼ね備え、SUVが強みの三菱自動車らしさを際立たせた新型クロスオーバーMPVです。

『エクスパンダー』『エクスパンダー クロス』は2020年2月までにシリーズで約25万台を売り上げています。SUVらしさを高め、さらにスタイリッシュで機能的なモデルになった『エクスパンダー クロス』は、アセアンを中心とする各国のお客様の幅広いニーズに応え、新たなる価値を提案していきます。

なお、『エクスパンダー クロス』はミツビシ・モータース・クラマ・ユダ・インドネシア(所在地:西ジャワ州ブカシ県)で生産しており、2019年中に設備拡張を完了して工場の年間生産能力を22万台/年に増強**しています。『エクスパンダー』の輸出は2020年2月末時点で10万台に達しており、新型を含めアセアンをはじめとする各国への輸出を増やしていく予定です。これにより、インドネシアの経済、雇用、さらに輸出入バランスの改善にも貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2020/detail5420.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「Drive@earth」
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「三菱自、アセアンで新型『エクスパンダー クロス』の販売を拡大