TOKYO, Mar 12, 2020 - (JCN Newswire) - 三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役CEO:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は今年、当社が100%出資する国内販売子会社の事業を再編します。総人口減少や、カーシェアリングの利用者増加に伴い縮小傾向にある国内市場において、経営効率化・選択と集中をさらに進めることで経営基盤を強化し、持続的にお客様第一のサービスを提供できる体制を整えます。

まず、4月1日付で、西日本三菱自動車販売株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:深澤 潔)と中部三菱自動車販売株式会社(本社:名古屋市、同)の2社を合併します※1。両社は2018年4月にバックオフィスを統合し、経営の効率化を進めてまいりましたが、合併により営業ノウハウの展開や顧客情報の迅速な共有といったスケールメリットを一層追求します。なお、これに先立ち2019年4月には1都8県の広範囲な営業地域をカバーする東日本三菱自動車販売株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:長田 昭夫)が誕生しましたが、1年目はベストプラクティスの横展開による収益増など好調なスタートとなりました。

さらに、北海道三菱自動車販売株式会社(本社:札幌市、代表取締役社長:君島 英紀)は3月31日付で、全国で中古車販売・レンタカー事業などのバリューチェーンビジネスを展開する株式会社D&Dホールディングス(本社:東京都中央区、村脇 学代表取締役社長)に売却します。同社は旭川エリアで三菱系列の3店舗を運営※2するなど、当社と協業の実績があり、北海道の顧客ニーズや当社製品の販売手法に精通しています。今回の再編により、レンタカー需要の大きい北海道エリアの特性を生かしたビジネス展開や、お客様の実情に沿った店舗運営の実現が期待できます。

以上の事業再編により、当社が100%出資する販売子会社は2社体制となります。当社はこれからも、全国100の販売会社と密接に協力・連携しながら各商圏に合わせた地域密着型営業を後押しするとともに、販売会社や店舗の適正化を図り、お客様第一のサービスを提供できるよう努めてまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2020/detail5418.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「Drive@earth」
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「三菱自、国内販売子会社の事業再編について