TOKYO, Dec 3, 2019 - (JCN Newswire) - 三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役CEO:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、2019年12月6日(金)から9日(月)までインテックス大阪(大阪市住之江区南港北)で開催される「第11回大阪モーターショー」に、スモールサイズの電動SUVコンセプトカー『MI-TECH CONCEPT(マイテックコンセプト)』および軽コンセプトカー『SUPER HEIGHT K-WAGON CONCEPT(スーパーハイト軽ワゴンコンセプト)』を出品します。

また、ラグビーニュージーランド代表チーム「ALL BLACKS」に来日中提供した、オールラウンドミニバン『デリカD:5』のサポートカーを展示するほか、軽ハイトワゴン『eKクロス』、プラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV』、コンパクトSUV『RVR』、クーペSUV『エクリプス クロス』の合計7台を出品します。

さらに、10月31日(木)から300台限定で発売開始した、「ALL BLACKS」公認の特別仕様車『デリカD:5 ALL BLACKS Edition』と『エクリプス クロス』による「三菱自動車4WD体験試乗会」を実施します。プロドライバーが運転するデモカーに同乗し、45度の急坂登坂のほか、車体が20度傾斜するキャンバー走行や、高さ約40センチの凹凸路面でのモーグル走行などにより、クリーンディーゼルの力強さ、4WDシステムの走破力を体感いただけます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2019/detail5389.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「Drive@earth」
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「三菱自動車、第11回大阪モーターショーに出展