TOKYO, Dec 2, 2019 - (JCN Newswire) - 当社は、理化学研究所(所在地: 兵庫県神戸市、理事長: 松本紘、以下、理研)様と共同で開発し、文部科学省が2021年から2022年頃の共用開始を目指し推進している、スーパーコンピュータ「富岳」の出荷を12月2日より開始します。今回出荷される第一号機は、高性能CPU15万個以上を接続して構成するスーパーコンピュータシステムである「富岳」を成すコンピュータラックのひとつであり、当社は今後も順次、兵庫県神戸市にある理研様の計算科学研究センターに向け出荷・納入し、設置・調整を行います。

当社は、「富岳」の開発を通じ、最先端テクノロジー開発やシステムインテグレーション、シミュレーションやAIなどといった、様々な技術やノウハウを蓄積し、スーパーコンピューティング技術を活用した新薬の開発、防災・減災などの安心安全な社会の実現など、社会的課題の解決や最先端研究の推進と、DX分野への応用、産業競争力の強化に貢献していきます。

スーパーコンピュータ「富岳」は、当社がArm命令セットアーキテクチャーを採用して開発した高性能CPU「A64FX(注1)」15万個以上を高速ネットワーク「TofuインターコネクトD(注2)」で接続する超大規模システムです。高性能・高信頼を追求し、先端技術を結集して、理研様と共同で開発を行いました。

「富岳」の製造は、株式会社富士通ITプロダクツ(所在地:石川県かほく市、代表取締役社長:加藤 真一)にて行っており、12月2日に初出荷されるコンピュータラックは、兵庫県神戸市にある理研様の計算科学研究センターに納入されます。

「富岳」は、「京」と比較し、最大で100倍のアプリケーション実効性能を、約3倍程度の消費電力で実現することを目指し、開発されています。また、そのプロトタイプは、11月17日から11月22日まで米国デンバーで開催されたハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)に関する国際会議「SC19」において、優れた消費電力性能を示すGreen500で世界1位を獲得(注3)しています。

当社は、2021年から2022年頃を目指す共用開始に向け、順次「富岳」の出荷および設置と調整を行います。また、当社は「富岳」の技術を活用した商用スーパーコンピュータ「FUJITSU Supercomputer PRIMEHPC FX1000」および「PRIMEHPC FX700」をグローバルに提供していくことで、新薬の開発、防災・減災などの安心安全な社会の実現など、社会的課題の解決や最先端研究の推進をするとともに、様々な業種のお客様にも幅広く提供し、DX分野への応用、企業競争力の強化に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2019/12/2.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「富士通、スーパーコンピュータ「富岳」の出荷を開始