TOKYO, Nov 21, 2019 - (JCN Newswire) - NECは、独自の音響定位技術やAR(拡張現実)技術を活用し、観光地や各種施設において専用イヤホンやスマートフォンを通じてリアルとバーチャルを融合させた空間を演出する「空間音響MR(TM)(Mixed Reality)」サービスを実現するためのプラットフォームを構築しました。NECでは、本サービス事業を促進するコンソーシアムを今年度中に立ち上げ、同時にプラットフォームの提供を開始する予定です。

空間音響MR(TM)は、顔の向きや移動方向に関係なく音源を空間に仮想的に固定するNECの「音響定位技術」を用いています。顔の向きを変えても一定の方向から音が聞こえるため、周囲のモノから実際に語り掛けられているような体験を提供することが可能です。

また、仮想的なエリアの境界を作るジオフェンスの技術を利用して、利用者の位置情報に基づいて音声コンテンツの起動タイミングを制御し、さらにAR映像を組み合わせることで、現実世界の風景とバーチャル空間が融合した新たな体験を実現します。

具体的なサービスの例として、アニメやドラマなどのモデルになった地域で、来訪者があたかもその架空の世界にいるような演出をして集客を促進することによる地域活性化や、動物園の動物や文化遺産・史跡などを擬人化して人に話しかけることでエンターテインメントと情報提供を同時に実現し新たな付加価値を提供するなど、様々な活用方法が想定されます。

今回提供を開始するプラットフォームでは、空間音響MR(TM)サービスを提供する上で必要なジオフェンス設定、音響の空間定位、音声・映像コンテンツとのマッピングなどをWebブラウザー上でGUIにて実現し、観光地や各種施設・団体などへ空間音響MR(TM)サービスを提案する事業パートナーに向けて提供します。

今後、空間音響MR(TM)サービス事業を促進するため、現在事業パートナーである株式会社コアミックス、有限会社ル・スポール、その他数社とコンソーシアムを立ち上げ、空間音響MR(TM)の認知向上と、事業パートナーの拡大を図ります。

NECは、2020年度までの3カ年の中期経営計画「2020中期経営計画」のもと、ネットワークの強みを活かした新たな領域におけるサービス事業を推進しています。本プラットフォームの提供により、ネットワークを柔軟に活用し、人・モノが生み出すデータを産業の枠を超え賢くつなぐ 「NEC Smart Connectivity」(注2)の提供を加速し、新たな社会価値を創造していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/201911/20191121_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「NEC、独自の音響定位技術を用いた空間演出プラットフォームの提供を開始