TOKYO, Nov 18, 2019 - (JCN Newswire) - 当社は、手のひら静脈認証をはじめとする様々な認証方式を用いて、お客様の認証利用シーンを広げるソフトウェア製品「FUJITSU Security Solution AuthConductor V2(オースコンダクター ブイツー)」を、11月18日より販売開始します。

本製品は、企業内の認証方式を手のひら静脈認証で統一でき、利便性を高めたオフィス環境の構築を実現します。また、PCログオンに関しては、手のひら静脈認証、顔認証、指紋認証、マイナンバーカードにも対応するICカード認証から最適な認証方式を選択でき、かつ小規模利用から数万人の大規模利用に対応します。

当社は、本製品により、多様化する認証へのニーズにお応えし、お客様のセキュリティ強化と利便性の向上を実現します。

近年、生体認証は、キャッシュレス決済やチケットレス、会員カード代わりなど、一般向けに広く活用が進んでいます。また、企業においては、PCログオンや入退室管理などの認証方式を生体認証で一貫して統一することで、利便性向上や運用管理者の負荷軽減につながることが期待されています。

当社は、お客様の業務システムに、当社が開発した手のひら静脈認証の機能を追加できる組込みソフト「FUJITSU Security Solution 本人認証基盤 AuthConductor Server(オースコンダクターサーバー)」を、2017年4月より提供してきました。今回、多様化する認証へのニーズに対応するため、本ソフトに企業向けPCログオン認証ソリューションを統合(注1)および機能追加し、一般利用から企業利用に至るお客様の様々なニーズに合わせた認証を可能とする「AuthConductor V2」を提供します。

本製品の特長

1. 様々な用途に対し、手のひら静脈認証の利便性を向上

1) 企業内の認証方式を手のひら静脈認証で統一
手のひら静脈のデータをサーバーに一元管理することで、手のひら静脈を一度登録すれば、PCログオンや入退室管理、認証印刷など、用途ごとに登録することなく認証方式を統一し利用することができます。様々なシステムにおけるセキュリティ強化につながるほか、利用者や管理者の利便性向上も図れます。

2) 一般利用者向けサービスの認証性能を向上
業務システムに手のひら静脈認証の機能を追加した際に、認証時間を従来製品の2分の1に高速化できます。これにより、キャッシュレス決済など利用拡大が見込まれる大規模サービスに対し、手のひら静脈認証をさらに便利に活用できます。

2. PCログオン用途の認証を拡充

1) 手のひら静脈認証、顔認証、指紋認証、ICカード認証に対応
PCログオンの認証方式として、手のひら静脈認証のほか、株式会社富士通研究所(注2)で独自に開発した顔認証や、指紋認証およびマイナンバーカードにも対応するICカード認証を提供することで、幅広いお客様のニーズにお応えします。

2) 小規模から大規模のお客様まで柔軟に利用可能
お客様の規模や利用したい認証方式にあわせて、小規模スタンドアロン利用から数万人の大規模利用まで構築可能です。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2019/11/18.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「富士通、手のひら静脈認証を中心に多様な認証ニーズに対応する「AuthConductor V2」を販売開始