TOKYO, Oct 11, 2019 - (JCN Newswire) - 株式会社日立産機システム(取締役社長:荒谷 豊)は、米国において共に空気圧縮機事業を手がけるSullair, LLC(CEO:Jack Carlson/以下、サルエアー社)の主要工場であるミシガンシティ工場の敷地を拡張し、生産設備を強化します。

2017年に日立グループの一員となったサルエアー社は、1965年設立の米国の空気圧縮機メーカーです。

このたび、サルエアー社のミシガンシティ工場を生産能力向上のために設備投資を行い2019年10月4日に鍬入れ式を実施しました。

鍬入れ式には、ミシガンシティ市長 Ron Meer氏、ミシガンシティ経済開発公社(EDCMC) Executive Director Clarence Hulse氏、インディアナ州ホルコム知事室Senior Operations Director Luke Bosso氏などが来賓され盛大に開催されました。

サルエアー社のミシガンシティ工場は、建設現場などで使用するポータブル空気圧縮機に加え、自動車、化学、食品・飲料他産業用、および世界中のオイル&ガス分野で使用されている空気圧縮機も製造しています。今回の設備投資を通じ、米国内外に拡大するお客さまのさらなる需要に対応していきます。

投資規模は約30百万米ドルで、拡張計画は新製造建屋の建設や倉庫、従業員向け駐車場の増設80,000平方フィート、および280,000平方フィートにおよぶ既設製造施設の最適化も含みます。また、ミシガンシティ市における新たな雇用の創出に貢献します。

これによりサルエアー社の北米事業のさらなる強化を図り、積極的な成長に向けた事業運営の柔軟性を高めていきます。

サルエアー社について
サルエアー社は1965年にインディアナ州ミシガンシティ市で設立された空気圧縮機メーカーです。2017年7月より、日立グループとなり、米国と中国の製造工場から信頼性、耐久性、パフォーマンスの高い空気圧縮機事業を日立産機システムと連携してグローバルに展開しています。https://www.sullair.com/en/

日立産機システムについて
日立グループは、OT(Operational Technology)、IT(Information Technology)およびプロダクトを組み合わせた社会イノベーション事業に注力しています。日立グループの、モビリティ、ライフ、インダストリー、エネルギー、ITの5分野の中、日立産機システムはインダストリー分野のプロダクト事業を通じてお客さまの社会価値、環境価値、経済価値の3つの価値向上に貢献します。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2019/10/1011.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「日立産機システム、サルエアー社のミシガンシティ工場を拡張し生産設備増強