TOKYO, Oct 10, 2019 - (JCN Newswire) - NECは、奈良県奈良市の平城宮跡歴史公園において、カメラやWi-Fiセンサを活用した実証実験を、本年10月19・20日に行われる天平祭(注1)と本年12月~来年3月に実施します。

本実証実験は、国土交通省の「平城宮跡歴史公園スマートチャレンジ」における公募テーマの1つとして採択されたもので、AIを活用した公園来園者の人流解析により、快適で魅力的な公園環境の整備や運営の効率化などを目指します。

平城宮跡歴史公園は、世界遺産「古都奈良の文化財」を構成する資産の1つである平城宮跡の保存と活用を目的とした国営公園です。昨年3月には利用可能エリアが広がり、年間約140万人の来園が見込まれる一方、広大な園内での移動の円滑化や復原整備以外の手法による更なる歴史体験の充実等が課題となっていました。

今回の実証では、NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」(注2)の1つである「群衆行動解析技術」(注3)や、Wi-Fiセンシング技術を活用し、園内に設置したカメラの映像やWi-Fiセンサで取得した情報から、時間あたりの歩行者通行量、滞在人数、来園者の動線を把握します。また、NECグループのAIを活用した画像解析技術(注4)により、性別や年代などの来園者の属性や笑顔の割合についてもデータとして取得し、平日と休日、イベントを実施した日と未実施の日、天候による差異などの分析を行います(注5)。分析結果は、実証実験に参加する他の事業者とも連携し、次世代型モビリティによるスムーズな園内移動やARを活用した歴史体験サービスなどの効果測定にも活用する予定です。

NECは、国土交通省、文化庁、奈良文化財研究所や、奈良県、奈良市、大学などから構成される「平城宮跡歴史公園スマートチャレンジコンソーシアム」への参画を通じて、本実証で得た分析結果を基に、公園のスマート化に向けた施策検討に取り組んでいきます。また、今後、平城宮跡歴史公園だけでなく、奈良市内、さらには奈良県全域の街づくりへの展開を目指して行きます。

NECは2020年度までの3カ年の中期経営計画「2020中期経営計画」においてセーフティ事業をグローバルでの成長エンジンに位置づけています。本実証は、「NEC Safer Cities」(注6)実現に向けたソリューションやサービスの開発を加速・強化するものであり、安全・安心な街づくりに貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/201910/20191010_02.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「NEC、平城宮跡歴史公園において公園のスマート化に向けた実証実験を開始