TOKYO, Oct 1, 2019 - (JCN Newswire) - NECは、ネットワークを柔軟に活用し、人・モノが生み出すデータを産業の枠を越え賢くつなぐ「NEC Smart Connectivity」(注)を実現するサービスを、本日から販売開始します。

デジタル化が進む社会では、あらゆるデバイスやサービス、実世界とサイバー世界がつながり、膨大な接点と膨大なデータを最適につなぐためのネットワークが必要とされています。NECは本ニーズに応えるため、2019年4月に新ブランド「NEC Smart Connectivity」を立ち上げ、テレコム市場で長年にわたり培ってきたネットワークの知見・実績を強みとして、他領域にもサービス展開を進めています。

NECはこのたび、「NEC Smart Connectivity」を具現化するサービスとして、コンサルティングサービス、データコネクティビティサービス、ネットワークコネクティビティサービスを提供し、お客様のビジネスの様々な段階でトータルにサポートします。

NECは本サービスを多様な業種のお客様に提供します。例えば物流・建設領域では遠隔作業支援、工場・交通領域では構内ネットワークの無線/IoT化、流通・金融領域では事業者を越えた安全なID/データ連携によるユーザーの利便性向上や新サービスの創出などを実現します。また、多くのコスト・工数を要していたネットワーク構築を簡単な手続きで迅速に実現することで、お客様はデジタルトランスフォーメーション促進や本業への注力が可能となります。

本日販売を開始するサービスは以下のとおりです。

1. コンサルティングサービス
IoT活用におけるお客様の社内外ニーズを把握し、活用シナリオを検討する「IoTコンサルティング」、AI活用シナリオの検討やアクションプラン策定を支援する「AIディスカバリープログラム」、実証実験の実施をサポートする「実証実験サポートサービス」などを提供。これにより、導入検討から実証実験までをトータルにサポート。

2. データコネクティビティサービス
ユーザーから使用許諾を得たパーソナルデータを活用し、より価値の高いサービスを実現する「パーソナルデータ流通サービス」、オンラインでの本人認証に合わせて属性を判断し、最適なサービスを提案する「オンライン本人確認サービス」、あらゆるデータと分析・見える化などを実現するクラウドサービスを連携し、収集したデータに新たな価値を持たせることで、お客様による新サービス創出に貢献する「デジタルデータ流通サービス」などを提供。またこれらのサービスを、事業者を越えて連携させて、異なる事業者間のデータ流通を実現。

3. ネットワークコネクティビティサービス
センサー・スマートフォン・ロボットなど多様なデバイス(フィジカル空間)とサイバー空間を、お客様の環境に応じて最適な通信(LPWA・LTE・有線など)でつなぐ「マルチコネクティビティサービス」、ネットワーク機器の提供・ネットワーク構築・運用までをサービス型で提供する「マネージドネットワークサービス」などを提供。これにより、あらゆる人やモノを最適かつ簡単につなぎ、効率的なネットワークの導入と運用を実現。

NECは、2020年度までの3カ年の中期経営計画「2020中期経営計画」のもと、ネットワークの強みを活かした新たな領域におけるサービス事業を推進しています。本サービスにより、ネットワークを柔軟に活用し、人・モノが生み出すデータを産業の枠を超え賢くつなぐ 「NEC Smart Connectivity」の提供を加速し、新たな社会価値を創造していきます

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/201910/20191001_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「NEC Smart Connectivityを具現化するサービスを販売開始