TOKYO, Sep 27, 2019 - (JCN Newswire) - 株式会社じぶん銀行(本社:東京都中央区、代表取締役社長:臼井朋貴、以下 じぶん銀行)は、日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長 兼 CEO:新野隆、以下 NEC)の金融機関向け本人確認サービス「Digital KYC」※1を採用し、生体情報(顔情報)による口座開設機能を搭載したじぶん銀行スマートフォンアプリ(以下 アプリ)をリリースしました。

本リリースにより、口座開設時にアプリを利用してお客さまの顔と本人確認書類(運転免許証)を撮影いただくことで、お申込みからキャッシュカード発送までの期間を最短3営業日に短縮し、手続きを簡単かつ迅速に実現します。将来的には「Digital KYC」をさらに活用し、キャッシュカード到着前からの口座利用開始や、顔による本人認証で振込や残高照会等のサービスを利用できる機能の提供を目指します。

NECの本人確認サービス「Digital KYC」は、銀行・証券などの金融機関やFinTech事業者向けに、利用者の口座開設や住所変更時に必要となる本人確認(KYC※2)を、オンライン上で迅速かつセキュアに実現するものです。

じぶん銀行は、改正犯罪収益移転防止法※3に対応したNECの「Digital KYC」の一つであるソフトウェアキット「Digital KYC SDK(Software Development Kit)」をアプリに搭載しました。「Digital KYC SDK」には、世界No.1の認証精度※4を有する顔認証AIエンジン「NeoFace」※5と、なりすまし防止技術を活用しており、本人以外の不正利用のリスクを低減します。

auフィナンシャルグループのじぶん銀行は、生活の中心となったスマートフォンを通じてお客さまの日常生活における決済・金融サービスをより身近にする「スマートマネー構想」を推進しています。今後もスマートフォンを中心とした金融サービスを提供し、"お客さまに一番身近に感じてもらえる銀行"として、お客さまやパートナー企業さまとともに新しい体験価値を創造していきます。

NECは、2020年度までの3ヵ年の中期経営計画「2020中期経営計画」のもと、生体認証やAI、IoTなどの先進のデジタル技術を活用し、安全で快適な金融サービスを、あらゆる人と産業へ届けるための取り組みを推進します。これにより、人やモノ、プロセスの情報・状態をバリューチェーン全体で共有し、新たな価値を生み出す「NEC Value Chain Innovation」※6をお客さまと共に実現していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/201909/20190927_03.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「じぶん銀行、NECの本人確認サービス「Digital KYC」で口座開設にかかる時間を短縮