TOKYO, Sep 26, 2019 - (JCN Newswire) - NECソリューションイノベータは、「NEC 営農指導支援システム」の最新版を本日より提供開始します。

最新版では、農業産地で蓄積した気象・環境・生育・出荷などの実績データを「説明可能なAI(注1)」を用いて分析し、生育や収穫量に影響する要因のさまざまな条件における影響度や関係性を可視化して、予測モデルを提示します。これを生育予測や生産予測へ活用することが可能です。果菜(きゅうりなど)、葉菜(キャベツなど)においては予測モデルを活用して生産予測を行い、週単位の出荷量などの予測結果を提示します。

また、GIS(地理情報システム)(注2)による地図情報、および農業データ連携基盤(注3)と連携し、農地境界を示す農地地図情報を提供します。これにより、地図上で圃場全体の状況を把握し、各圃場ごとの生育状況などの詳細情報を確認することが可能です。さらに、農業データ連携基盤と連携し、利用制限情報を含む農薬登録情報を提供することで、これまでの農薬散布記録を踏まえた適切な農薬散布の実施を支援します。

当社はこれまで、農業産地の発展や活性化を支援する様々なICTを活用したサービスを提供してきました。今回の最新版により、農業産地のデータ蓄積と活用を促進し、農作物の供給安定化とブランド向上への取り組みを支援していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.nec-solutioninnovators.co.jp/press/20190926/index.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「NECソリューションイノベータ、「NEC 営農指導支援システム」の最新版を提供開始