TOKYO, Jul 11, 2019 - (JCN Newswire) - 富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:時田 隆仁)は、富士通クライアントコンピューティング株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:齋藤 邦彰)製の法人向けノートパソコン「FUJITSU Notebook LIFEBOOK(ライフブック、以下、LIFEBOOK)」の3シリーズ5機種、およびデスクトップパソコン「FUJITSU Desktop ESPRIMO(エスプリモ、以下、ESPRIMO)」の3シリーズ5機種、ワークステーション「FUJITSU Workstation CELSIUS(セルシアス、以下、CELSIUS)」の2シリーズ2機種を2019年7月11日から国内で販売を開始します。

新製品の主な特長

1. 最新版OSや最新CPUを搭載したノートパソコン 「LIFEBOOK」 のラインナップを強化
最新の第8世代インテル Coreプロセッサーを搭載した13.3型液晶の超軽量スリムコンバーチブル「LIFEBOOK U939X/B」 、ウルトラスリムモバイル 「LIFEBOOK U939/B」、ウルトラモバイル 「LIFEBOOK S938/B」、および15.6型液晶の「LIFEBOOK A749/B」、「A579/B」の5 機種をラインナップに追加しました。

また、今回提供する 5機種の全てに一時的なデスクトップ環境でソフトウェアのテストが可能な 「Windows Sandbox」 やデスクトップ環境のカスタマイズ機能「Windows Light Theme」などが追加された最新版OS「Windows 10 May 2019 Update」も搭載するなど、お客様に合わせた最適なモバイルワークを支援します。

2. デスクトップパソコン 「ESPRIMO」 とワークステーション 「CELSIUS」 のラインナップを強化
デスクトップパソコン 「ESPRIMO」では、ウルトラスモールモデル「ESPRIMO Q558/B」、コンパクトモデル「ESPRIMO D958/B」、「D588/B」、「D558/B」、液晶一体型モデル「ESPRIMO K558/B」の5機種、ワークステーション 「CELSIUS」では、コンパクトモデル「CELSIUS J580」、ミニタワー「CELSIUS W580」2機種において、最新版OS「Windows 10 May 2019 Update」と最新の第9世代インテル Coreプロセッサーを搭載しました。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2019/07/11.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

 Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「富士通、働き方改革の推進に最適な法人向けパソコンなど8シリーズ12機種を新発売