Toyota City, Japan, Jul 8, 2019 - (JCN Newswire) - TOYOTAは、クラウンに特別仕様車 S“Elegance Style”(2.0L ガソリン車、2.5L ハイブリッド車)、S Four“Elegance Style”(2.5Lハイブリッド車)を設定し、7月8日に発売しました*2。

今回の特別仕様車は「S」、「S Four」をベースとし、内外装に上質感を高める特別装備を充実させました。

外装にはハイパークロームメタリック塗装の18インチノイズリダクションアルミホイール&センターオーナメントと、メッキ加飾を施したアウトサイドドアハンドルを特別装備し、エレガントで高級感のあるスタイリングを創出しました。

内装は質感にこだわった仕様とし、内装色には、ブラックとジャパンカラーセレクションパッケージで選択可能なこがね*3の2色を設定。シートはスエード調で上質素材のブランノーブ(R)*4と合成皮革の組み合わせとしたほか、ドアトリム、インストルメントパネル、センターコンソールのサイドには、同じくスエード調で手触りのよいグランリュクス(R)*5を採用しました。さらに、センターコンソールパネルには美しい木目が特徴的な黒木目(欅調)を新たに採用し、上質でエレガントな室内空間を実現しました。

また、快適・安全装備であるブラインドスポットモニターやリヤクロストラフィックオートブレーキ(パーキングサポートブレーキ)などをセットにした“C package”相当を装備しました。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/28802164.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。

 Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「TOYOTA、クラウンに上質感を高めた特別仕様車を設定