TOKYO, Jul 5, 2019 - (JCN Newswire) - ソニーは、完全ワイヤレス型として業界最高クラス※1のノイズキャンセリング性能と独自の高音質技術DSEE HXで、周囲の騒音を低減してハイレゾ相当※2の高音質に浸れるBluetooth®対応ワイヤレスヘッドホン『WF-1000XM3』を発売します。

『WF-1000XM3』は、業界最高クラス※4のノイズキャンセリング性能を実現したヘッドバンド型ワイヤレスヘッドホン『WH-1000XM3』に搭載された「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1」と共通の技術を使い、完全ワイヤレス型向けにソニーが独自開発した「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1e」を初搭載しています。また、『WH-1000XM3』と同様に、ヘッドホンの外側と内側に配置した二つのセンサーで効率的にノイズを集音する「デュアルノイズセンサーテクノロジー」を採用。これらにより、完全ワイヤレス型として業界最高クラス※1のノイズキャンセリング性能を達成しています。

また、ソニーの完全ワイヤレス型に初搭載のDSEE HXで、CD音源、MP3などの圧縮音源、音楽や動画などの配信サービスを含む、さまざまな音源をハイレゾ相当※2にアップスケーリングします。「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1e」も音質向上に効果を発揮し、よりクリアに音楽を楽しめます。

さらに、高い利便性も実現しています。新型のBluetoothチップを搭載し、左右の本体それぞれに同時伝送する方式を採用しているほか、アンテナを最適化することで接続性に優れ、動画視聴時の映像と音声のずれを大幅に低減しています※5。バッテリーも本体のみで6時間※3、付属のケースで3回分充電すると合計24時間※3の音楽再生が可能なほか、急速充電に対応し10分間の充電で90分※3の再生が可能です。左右の本体それぞれにタッチセンサーを搭載し、音楽再生/一時停止などの操作や、一時的に音楽の音量を絞り、周囲の音を取り込んで聞き取りやすくする「クイックアテンションモード」を起動できます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201907/19-0705/

概要:ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。

 Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「ソニー、最長で計24時間再生可能な完全ワイヤレス型ヘッドホン『WF-1000XM3』発売