TOKYO, May 13, 2019 - (JCN Newswire) - 三菱電機株式会社は、製造現場のシステム監視とプロセス制御を行うSCADA※1・IoT分析ソフトウエアなどを開発・販売する米国のソフトウエア会社ICONICS, Inc.(アイコニックス社。以下、ICONICS社)の株式を追加取得し、三菱電機グループとして100%子会社化します。ICONICS社のソフトウエア技術と当社のFA(ファクトリーオートメーション)技術を融合することで、エッジコンピューティングを含め「 e-F@ctory(イーファクトリー)※2」を強化するソフトウエア製品の拡充を図ります。

なお、本取引は米国関係当局からの認可取得を前提として、19年度中に完了する予定です。

ICONICS社への出資の狙い

製造業でのIoT化ニーズが高まる中、当社はエッジコンピューティング領域のソフトウエアプラットフォームである「Edgecross※3」に対応した各種ソフトウエア製品群を投入し、 e-F@ctoryの推進を強化しています。

一方、ICONICS社は、FA・PA/社会インフラ・ビル管理等の幅広い分野向けに、競争力のある監視制御用ソフトウエア製品を開発、グローバルに販売しています。

当社は今回、ICONICS社を子会社化することにより、同社の保有するソフトウエアの開発資産、ノウハウ、及びエンジニアを獲得し、 e-F@ctoryを実現する製品の開発力を強化します。これにより、IoT化などのさまざまなニーズに対応したソフトウエア製品を提供することで、製造現場でのデータ活用による生産性や品質のさらなる向上に貢献します。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2019/0513.html

概要:三菱電機株式会社

詳細は http://www.mitsubishielectric.co.jp をご覧ください。

 Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「三菱電機、米国ICONICS, Inc.買収に関するお知らせ