TOKYO, May 13, 2019 - (JCN Newswire) - 日立グローバルライフソリューションズ株式会社(取締役社長:谷口 潤)は、食品の分量にあわせて火加減をオートでコントロールできる「W(ダブル)スキャン調理」(*1)に、「クックパッド」で殿堂入りの30レシピ(*2)を採用した、コネクテッド家電(*3)の過熱水蒸気オーブンレンジ「ヘルシーシェフ」MRO-W10Xを6月22日から発売します。

新製品の開発背景
共働き世帯の増加などの社会背景から、家電品を活用して家事の時短・省手間・高効率化を図りたいというニーズが高まっています。当社が行ったオーブンレンジのお客様調査によると、購入時に期待したこととして、「調理の時間を短くしたい」、「レパートリーの幅を広げたい」、「調理の手間を省きたい」といった点が上位に挙がりました。また、当社従来製品のご購入者からは、「新しいメニューを提案してほしい」というご意見が寄せられました。

こうしたことから、「Wスキャン調理」のメニュー拡充や、スマートフォンとの連携により利便性を向上させ、時間や手間をかけずにおいしい料理が作れるオーブンレンジを提案します。

新製品の主な特長 過熱水蒸気オーブンレンジ「ヘルシーシェフ」MRO-W10X

1. 分量にあわせて火加減おまかせ「Wスキャン調理」に、「クックパッド」で殿堂入りの30レシピを採用【New】
重さと温度をはかるから(*4)、分量が変わっても火加減おまかせで手軽においしく調理できる「Wスキャン調理」に、レシピサービス「クックパッド」の「殿堂入りレシピ」から厳選した30レシピを、オートメニューとして採用しました。

2. 「ヘルシーシェフアプリ」でスマートフォンと連携し、毎日の調理をサポート【New】
「ヘルシーシェフアプリ」(*5)でスマートフォンと連携し、レシピが検索しやすく、またアプリがおすすめのレシピを提案して、それを簡単に本体に設定できるなど、毎日の調理をサポートします。

3. 使いやすいデザイン【New】
オートメニュー名や使用する付属品などを文字やイラストでわかりやすく表示する「フルドット液晶」を採用し、よく使う機能がボタンで簡単に選べるなど、使いやすさに配慮しました。また、本体の運転状態にあわせて「ダイヤルリング」の色が変化するので、運転状態がわかりやすいだけでなく、キッチンを明るく彩ります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2019/05/0513.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。

 Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「日立グローバルライフソリューションズ、コネクテッド家電の過熱水蒸気オーブンレンジ「ヘルシーシェフ」を発売