TOKYO, May 9, 2019 - (JCN Newswire) - 三菱自動車は本日、2018年度決算及び2019年度業績見通しを発表しました。

1. 2018年度業績概要
2018年度の売上高は前年度比14.7%増加の2兆5,146億円となり、営業利益は前年度の982億円から1,118億円に増加し、営業利益率は4.4%となりました。当期純利益は、1,329億円となりました。

2. グローバル販売状況
2018年度通期のグローバル販売台数は1,244千台となり、前年度から13%増加しました。アセアン地域では、『エクスパンダー』がインドネシアのみならず、フィリピン、タイ、ベトナムでも販売を開始し、前年度比17%増の318千台となりました。

日本市場では、『エクリプス クロス』や『アウトランダーPHEV』、新型『デリカD:5』が販売増を牽引し、前年度比7%増の105千台となり、回復基調が続いております。加えて、2018年度末には新型軽自動車『eKワゴン』『eKクロス』を発売しました。

また、主力地域であるオセアニア、注力地域である北米・中国他なども含め、全地域で販売台数が前年度を超え、期初公表の通期見通しを概ね達成することができました。

3. 2019年度 業績見通し
2019年度のグローバル販売台数は、前年度比5%増の1,305千台を見込んでいます。

ブランド価値向上や販売ネットワーク強化による営業効率の最適化を推進し、アセアンを中心に好評を得ている『エクスパンダー』の販売を強化するほか、世界戦略車である『アウトランダーPHEV』や『エクリプス クロス』等の販売台数を伸長することにより、持続的かつ安定的な成長を目指します。

当社は2019年度の業績予測として、売上高で前年度比3%増の2兆5,800億円を見込んでいます。また、一層不透明感を増す市場環境下において、持続可能な収益を確保することに重点をおき、営業利益900億円、当期純利益650億円の達成を目指します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2019/detail5316.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「Drive@earth」
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp

 Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「三菱自動車、2018年度決算および2019年度業績予想を発表