TOKYO, Apr 16, 2019 - (JCN Newswire) - 生物調査などの事業を手掛ける株式会社沿海調査エンジニアリング(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:大塚英治、以下 沿海調査エンジニアリング)、富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中達也、以下 富士通)は、IoTを活用したウニ・ナマコの陸上養殖(注1)の実証実験を北海道古宇郡神恵内村(村長:高橋昌幸、以下 神恵内村)において、4月より本格的に開始しました。

本実証実験では、ウニやナマコの種類や養殖開始日、個体数、給餌、出荷の情報を、富士通が構築した養殖管理システムに、飼育者がデータ入力するとともに、水槽内に設置されたセンサーとカメラで、水温や濁度(注2)、塩分濃度などのデータおよび映像を収集、可視化します。飼育者が遠隔でPCやスマートフォンなどのモバイル端末を用いてリアルタイムに収集した水槽内の環境を確認することによる、ウニやナマコの陸上養殖事業における有効性を検証します。

本実証成果を踏まえ、今後、神恵内村は、重要な産業振興資源であるウニ・ナマコの養殖事業拡大を目指し、IoTを活用した陸上養殖の推進を検討していきます。また、沿海調査エンジニアリングと富士通は、ウニ・ナマコのIoTを活用した効率的な陸上養殖手法を検証し、神恵内村の養殖事業振興を支援していきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2019/04/16-1.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

 Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「沿海調査エンジニアリングと富士通、北海道神恵内村で、IoTを活用したウニ・ナマコ陸上養殖の実証実験を開始