TOKYO, Nov 7, 2018 - (JCN Newswire) - Hondaは現地時間11月6日(火)、イタリア・ミラノで開催されたEICMA2018(ミラノショー)で、2019年の二輪モータースポーツ世界選手権参戦体制について、以下の通り発表を行いました。

Hondaは2019年シーズンも引き続き、ロードレース、モトクロス、トライアル世界選手権シリーズの最高峰クラスおよび「ダカールラリー2019」に、(株)ホンダ・レーシング(HRC)が運営するワークスチーム※1で参戦しタイトルの獲得を目指します。

「FIM※2ロードレース世界選手権 MotoGPクラス」には、2018年シーズンに3年連続5度目のチャンピオンを獲得したマルク・マルケスに、過去3回のMotoGPチャンピオンとなったホルヘ・ロレンソが新たに加入し、「Repsol Honda Team」として参戦します。

「FIM モトクロス世界選手権 MXGPクラス」には、2016年のチャンピオン ティム・ガイザーとブライアン・ボジャーズが「Team HRC」より引き続き参戦します。

「FIM トライアル世界選手権 TrialGPクラス」には、ライダーズタイトル12連覇を達成したトニー・ボウと、参戦24年目の藤波貴久が「Repsol Honda Team」より参戦します。

「ダカールラリー2019」には、ケビン・ベナバイズ、ホアン・バレダ、パウロ・ゴンサルヴェス、リッキー・ブラベック、ホセ・イグナシオ・コルネホの5名体制で、「Monster Energy Honda Team」より参戦します。

また、ワークスチームに加え主要な世界選手権には、Hondaの主力チームが参戦します。

「FIMスーパーバイク世界選手権シリーズ」には、新たに(株)モリワキエンジニアリングとアルティア・レーシングが運営するチームを、HRCがサポートする体制で参戦し、ライダーは、レオン・キャミアと清成龍一を起用します。

「FIM世界耐久選手権シリーズ」には、2017-2018シーズンのチャンピオンチームである「F.C.C. TSR Honda France」が、フレディ・フォレイ、ジョシュ・フックと新たにマイク・ディ・メリオを起用して参戦し、昨シーズン総合3位の「Honda Endurance Racing」が引き続き参戦します。

北米を中心に開催されている「AMA※3スーパークロス世界選手権シリーズ」450SXクラスには、アメリカン・ホンダ・モーターのワークスチーム「Team Honda HRC」から、ケン・ロクスンとコール・シーリーが引き続き参戦します。

Hondaにとってレース活動は原動力であり、さまざまなレースに参戦することで技術と人を磨き、そこで培われたレーシングスピリットや技術は、多くの製品に活かされています。Hondaはこれからも、さまざまな製品、サービス、そしてレース活動を通じ、コーポレートスローガン「The Power of Dreams」のもと、お客様とともに、夢を実現してまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.honda.co.jp/news/2018/c181107a.html

概要:本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。

 Copyright 2018 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「2019年Honda二輪モータースポーツ活動計画