TOKYO, Nov 6, 2018 - (JCN Newswire) - 当社は、AIビジネスにおけるグローバル展開の戦略策定、およびその実行を担う新会社「FUJITSU Intelligence Technology」をカナダのバンクーバーに設立し、11月1日より事業を開始しました。

「FUJITSU Intelligence Technology」は、当社がこれまで日本を含む世界のリージョンごとに実施してきたAIビジネスを束ね、グローバルな商品・サービスとして各リージョンに展開していくことで、AIビジネスの拡大を図っていきます。

「FUJITSU Intelligence Technology」が設立されるカナダの周辺地域は、AIと量子コンピューティングの研究で世界トップクラスのトロント大学をはじめとする多数の研究機関があり、さらに、量子コンピューティング向けのソフトウェアを開発する1QB Information Technologies Inc.(注1)に代表される最先端技術を持つスタートアップ企業も多く設立されるなど、近年IT業界では非常に注目されています。

当社は、「FUJITSU Intelligence Technology」を通じ、AI立国を目指すカナダ政府、およびブリティッシュコロンビア州政府の強い協力により、北米さらには世界のAIエコシステムの中核企業となることを目指すとともに、最先端技術を持つAI人材の現地採用も計画しています。

また、海外に拠点を構えることで、世界標準のスピードに対応し、グローバルなお客様ニーズの把握とソリューションの検討・開発を進めます。

「FUJITSU Intelligence Technology」は、当社のAIビジネスを推進するヘッドクォーターとして、グループ全体のビジネスを加速していきます。

イアン・バーニー 駐日カナダ大使からのコメント
我々は、今回富士通がAIヘッドクォーターの拠点としてバンクーバーを選択したことを誇りに思っています。カナダは全世界に通じるデジタル技術のエコシステムがあり、多様性のある優れた人材も集まり、生活の質の高い環境が整っています。そのため、富士通は、AI技術をグローバルに早く示すことができるでしょう。カナダ政府は今回の取り組みを大歓迎します。

ジョン・ホーガン カナダ・ブリティッシュコロンビア州首相からのコメント
新会社の「FUJITSU Intelligence Technology」をバンクーバーに設立するにあたり、私はブリティッシュコロンビア州政府の代表として厚く歓迎の意を表します。富士通は、情報通信技術分野において世界的に重要なプレーヤーであり、ブリティッシュコロンビア州の多様且つ成長し続ける技術分野に大きく貢献していくでしょう。富士通は、バンクーバーでブリティッシュコロンビア州の最先端の大学や研究施設と協力し、ローカルおよびグローバルな課題をAIで解決する新しい方法を発見する多くの機会を得ることでしょう。「FUJITSU Intelligence Technology」が、エキサイティングな進歩と新しい技術の成果をすぐにでも生みだすことを期待しています。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2018/11/6.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

 Copyright 2018 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「富士通、AIビジネスをグローバルに牽引する新会社「FUJITSU Intelligence Technology」が事業を開始