TOKYO, Oct 4, 2018 - (JCN Newswire) - Hondaのインドにおける二輪車生産・販売現地法人であるホンダモーターサイクルアンドスクーターインディアプライベート・リミテッド(以下、HMSI)は、本日、同社のスクーター専用工場である第四工場の年間生産能力を拡大することを発表しました。

HMSIの第四工場は、2016年2月に60万台で稼働を開始し、2016年6月には生産能力を120万台に拡大しました。今回は、新たに約63億ルピーを投資して、既存の工場敷地内に新しい生産ラインを建設します。この新ラインによって第四工場の生産能力は60万台拡大され、180万台となり、HMSIの年間総生産能力は現在の640万台から2020年には合計700万台となる見込みです。

Hondaは、今後もスクーターを中心に拡大が見込まれるインドの二輪車市場において、質の高い魅力的な商品をお客様へ提供してまいります。

HMSI社長 加藤 稔のコメント
「Hondaは、この世界最大の二輪市場において長きにわたり、お客様の喜びの拡大を目指して投資を続け、生産能力の拡大をしてまいりました。今回の第四工場における追加投資は、Hondaにご期待・ご信頼をいただいているお客様へ、より早く商品をお届けしていくという決意の証です」

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.honda.co.jp/news/2018/c181004.html

概要:本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。

 Copyright 2018 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「Honda、インドで二輪車工場の生産能力を700万台に拡大