TOKYO, Sep 11, 2018 - (JCN Newswire) - 日立アプライアンス株式会社(取締役社長:德永 俊昭)は、お客様の生活に合わせて家電を進化させる「ソフトウェア・デファインド コンセプト」に基づいたコネクテッド家電の開発を進めています。

家電の購入後、家族の増減やライフスタイルの変化などさまざまな出来事がある中で、最新ソフトウェアにアップデート(*1)することで、使い勝手や機能性を向上させ、お客様の暮らしに寄り添います。

こうしたコンセプトのもと、ロボットクリーナー「minimaru(ミニマル)」RV-EX20のソフトウェア大型アップデートを9月中旬より開始いたします。ソフトウェアをアップデートすることで、「Google アシスタント」を搭載したスマートスピーカーの「Google Home」(*2)に対応し、音声操作ができるようになりました。

また、掃除のモードにペットを飼っているご家庭向けの「ペット運転」と、「夜家事運転」を追加し、より生活シーンに合わせた使い方ができます。さらに、「minimaru AI」に新しい制御を追加し、集じん性能向上と、よりムラの少ない掃除を実現しました。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2018/09/0911a.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。

 Copyright 2018 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「日立アプライアンス、ロボットクリーナー「minimaru(ミニマル)」RV-EX20のソフトウェア大型アップデートを開始