SHANGHAI, Jun 12, 2018 - (Media OutReach) - SCRYCityはSCRY.INFO無域独立基層データプロトコルレイヤーに開発された世界初の中央集権的なSNSブロックチェーン真実データコントラクトの融合品です。SCRYCity国際AlphaバージョンVIPプレゼンテーションは6月9日上海で開催され、SCRYプロジェクトチームがこれまでの一年間に完成した探索結果及び獲得した成果が掲示されました。

今回のVIPプレゼンテーションは分布式資本を始めとして、物聨網CPChina、視+AR、コード化検証錬安科技、分布式取引所Cybex、取引所bitgogo、coinmex及び取引所azex、駝鳥ブロックチェーン、Medishares、Alchemint、Merculet、Hashgardなど世界中の300名以上のパートナーが参加に来ました。

プレゼンテーションでSCRY創始者のEVA氏は初めて全面的にプロジェクトの詳細を説明しました。SCRYは四つドメインからなります。一番目は今日発表するSCRYCityです。SCRYCityはこれからスマートコントラクトの種類が更に広めていく予定です。二番目は開発者に向けるSaaSサービスのプロトコルです。普通の開発者はブロックチェーンの開発を勉強するにはコストが高い上、いろんなソースコードや事例を参考しなければならないので、半年以上の時間が必要です。SCRYプロトコルは運用類の開発者や真実データソースを入手できないプロジェクトチームに向けます。我々のプロトコルは快速開発できるツールを提供し、SCRYの各データベースに繋がって、様々なカテゴリーのデータを検索し、スマートコントラクトと融合することができます。三番目はプライベートダブルチェーンで、今は実験実証の段階です。四番目はスケーラビリティ機能が備わった分散型的な保存機能です。今は実験中で、まだ運用段階に入っていないです。設立して以来の10ヶ月を振り返ると、プロトコルが9割、基層チェーンが8割、分散型的な保存機能がユーザテストのない実験段階、DAPPが今年6月13日よりコミュニティVIPや開発者やDDDの投資者に向けて開放し、DDDがSCRYCityに使えるまで出来ました。

エコシステムの完成は2020年を目処にしています。SCRY基層プロトコルに基づいたスマートコントラクトを提供し、開発者は自分の業務に応じて30日〜45日の短い時間で金融データ、保存証明、スケーラビリティのデータなどを含めるシングルロジックなどの運用を開発することができます。

私達はSCRYCityの二つのドメインをオープンソースします。一つはSCRYCityのDAPP、もう一つはcashboxウォレットです。cashboxは金庫の意味で、西洋の伝説に精霊やドワーフが金庫を守ります。地下の城堡で自分のウォレットを開けたり、直接金庫でスマートコントラクトを取引したりするなどができます。

プレゼンテーションでSCRYCityのIM即時廃棄機能、コミュニティ社交機能、フライトデータ、世界レース、金融指数コントラクト三つドメインの内容を展示ました。特殊なアワターシステムは世界の60億人のユーザに210,470,400アイテムのキャラを提供します。

SCRYCityに、DDDでグローバル的な真実データソースコントラクト取引に参与することができます。ワールドカップを含むレース、金融市場およびフライトなどのポストを投稿することができます。英語圏、韓国語圏、日本語圏、中国語圏のプレーヤーが自由に組み合わせることができるので、SCRYCityが世界初の面白くて儲けられる分散型的なデータコントラクト社交DAPPになります。その他、SCRYCityはクライアントにスマートコントラクトノードサービス、面白くてセキュリティの高い社交機能、世界中の見知らぬユーザの対話機能、IM自動廃棄機能なども提供します。

SCRYCityのパンドラの箱はあなたの好奇心を全部満足できます、一緒に楽しみましょう!

Media contact:
Contact Person: Pansy Pan
Tel: 86 15828366508
Email: pansy@scry.info

 Copyright 2018 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「SCRYCity国際AlphaバージョンVIPプレゼンテーションは上海で円満閉幕