Toyota City, Japan, Mar 8, 2018 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車(以下、トヨタ)は、韓国・平昌で3月9日より開幕する平昌2018冬季パラリンピックにおいてトヨタの従業員アスリートを含む、世界12か国25人を「チームトヨタアスリート」としてサポートします。

「チームトヨタアスリート」は、従業員アスリートに加え、各国で選出したトヨタの理念や価値観をともにするアスリートから構成されています。トヨタからの主なサポート内容としては、活動費や車両提供などの金銭・物的支援、用具開発などの技術支援、従業員アスリートのような雇用支援があります。2月25日に閉幕した平昌2018冬季オリンピックに出場したチームトヨタアスリート35人の内、複数メダルを獲得したオランダのイレイン・ブスト、ノルウェイのヨハネス・カライェボを含む11人が、金メダル8個、銀メダル5個、銅メダル5個を獲得しています。

トヨタは、「スポーツを通じた平和で差別のない社会づくり」「モビリティを通じた持続可能な社会への貢献」を目指し、2015年に国際パラリンピック委員会(以下、IPC)との間でワールドワイド・パラリンピック・パートナーのスポンサー契約を締結いたしました。自動車業界が100年に一度の変革期を迎える中、志を共にする「チームトヨタアスリート」の活躍を通じ、従業員を始め、トヨタに関わるすべてのステークホルダーが刺激を受け、「すべての人に移動の自由を」提供できる、よりよいモビリティ社会に還元できることを目指しています。

平昌2018冬季パラリンピックにあたり豊田章男社長は、「人は誰もが何かと闘っていると思います。そして、諦めないということがとても難しいことだと知っています。だからこそ、闘い続けるアスリートの姿に心を揺さぶられるのではないでしょうか。すべてのアスリートが持てる力を出し切り、その闘いが悔いのないものになること、平昌から世界に向けて、笑顔の輪が広がることを切に願います」と語りました。

トヨタはIPCのワールドワイドパートナーとして初めて、全177か国の各国パラリンピック委員会(NPC)とも契約を締結しており、IPCからの要請を受け、トヨタの現地事業体を通じ、パラスポーツの認知向上・パラスポーツの振興などの裾野拡大やパラアスリートの支援活動に協力しています。昨年2月からは、IPC傘下のアギトス財団が、各NPCの組織運営力を高めるために実施しているOrganization Capacity Programmeに参画しており、組織が成熟していないNPCに対し、トヨタのビジネスノウハウを提供することで、NPCの組織力・マネジメント力を強化する活動を支援しています。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://newsroom.toyota.co.jp/jp/corporate/21332250.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。

 Copyright 2018 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「トヨタ自動車、平昌2018冬季パラリンピックで12か国25人のパラアスリートをサポート