TOKYO, Mar 2, 2018 - (JCN Newswire) - 三菱自動車は、2018年3月6日(火)から18日(日)までスイス・ジュネーブで開催される第88回ジュネーブ国際モーターショー*1において、MITSUBISHI CONNECT「Android Auto」*2対応オリジナルアプリ、充電スポット検索アプリ「EV Charging Station Finder app(Beta版)」と運転診断アプリ「Drive scoring app(Beta版)」のデモンストレーションを行います。

1.充電スポット検索アプリ「EV Charging Station Finder app(Beta版)」

最新の情報に基づき、現在地や目的地近辺の充電スポットを検索、あわせて充電スポットの満空情報や充電プラグの形状、営業時間などの詳細情報の確認ができます。また 「スマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)」に繋ぐことで、SDA画面上での検索や確認ができ、さらには検索した充電スポットを「Googleマップ」*2と共有し、ルート案内の目的地に設定することも可能となります。本アプリは既に日本で公開している充電スポット検索アプリ「電動車両サポート」の欧州バージョンです。

2.運転診断アプリ「Drive scoring app(Beta版)」

車両とスマートフォンをUSBケーブルで接続し、GPS、運転距離、加減速、運転時間など、約30項目の運転状況をモニタリングします。それらのデータと地図情報、気象データを総合的に分析し、運転者の運転傾向を検出、安全運転につながるアドバイスを行います。今後欧州では、分析結果に基づいて、利用者に適した自動車保険商品の提案や、安全運転スコアを競える機能、ロードアシスタンスなども提供していく予定です。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2018/detail5181.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「Drive@earth」
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp

 Copyright 2018 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「三菱自、MITSUBISHI CONNECT「Android Auto」対応オリジナルアプリをジュネーブ国際モーターショーで発表