TOKYO, Mar 1, 2018 - (JCN Newswire) - 三菱自動車は、新型コンパクトSUV『エクリプス クロス』を全国の系列販売会社を通じて3月1日(木)から販売を開始します。車両本体のメーカー希望小売価格は2,532,600円~3,095,280円(消費税込)。

『エクリプス クロス』は、コンパクトSUV『RVR』とミッドサイズSUV『アウトランダー』及び『アウトランダーPHEV』のクロスオーバーSUVラインアップに新たに加わる新型コンパクトSUVです。これまでにないスタイリッシュなクーペフォルムとダイナミックなSUVの機動力を融合した、三菱自動車らしいクーペSUVとし、行動意欲を掻き立てる個性的なデザイン、新たな楽しみへの閃きをもたらすコネクティビティ、四輪制御技術による安心して楽しめるドライビングフィールを特長としています。「行動範囲を広げたい、さまざまなことに挑戦したい」というお客様の想いに応えるクーペSUVとしています。

『エクリプス クロス』は中期経営計画“DRIVE FOR GROWTH”を達成するためのグローバル戦略車です。『エクリプス クロス』は岡崎製作所(愛知県岡崎市)で生産しており、すでに2017年10月に欧州、11月に豪州・ニュージーランド、アセアン地域、2018年1月に北米に向けて出荷しており、最終的に約80ヶ国へ展開する計画です。国内では2017年12月22日(金)より予約注文を受け付けており、2018年2月末時点で約5,000台の予約注文をいただいています。

『エクリプス クロス』車種サイトはこちら:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/eclipse-cross/index.html

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2018/detail5178.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「Drive@earth」
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp

 Copyright 2018 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「三菱自、新型コンパクトSUV『エクリプス クロス』を発売