TOKYO, Feb 26, 2018 - (JCN Newswire) - 当社は、SAP社が提供する現行のERPシステムから次世代ERPである「SAP S/4HANA(R)」への移行を一貫してサポートする「SAP S/4HANAコンバージョンサービス」を、2月26日より提供開始します。

本サービスは、現行のSAP社ERPシステムを「SAP S/4HANA(R)」へ移行するお客様向けに、移行準備から移行後の検証までを一貫して支援するものです。当社がこれまでSAP社ERPシステムの導入・移行実績で培ったノウハウを生かし、お客様システムの移行実現性や機能の互換性を検証し、最適な対応方法を提案するとともに、あらゆる環境のSAP社ERPシステム(注1)を確実かつスムーズに「SAP S/4HANA(R)」へ移行します。

当社は今後も、デジタルビジネスを支える次世代ERPである「SAP S/4HANA(R)」の導入や移行をはじめ、SAPシステムを通じてお客様のビジネスライフサイクルを支援する様々なサービスを提供していきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2018/02/26-1.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

 Copyright 2018 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「富士通、次世代ERPへの移行を一貫してサポートする「SAP S/4HANAコンバージョンサービス」を提供開始