TOKYO, Feb 26, 2018 - (JCN Newswire) - 当社は、株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉澤和弘、以下 NTTドコモ)様と、2020年の第5世代移動通信方式(5G:注1)商用サービス開始に向け、商用化をめざした基地局制御装置のハードウェア提供に合意しました。

NTTドコモ様は、5G商用サービスのスムーズな展開のため、既存装置を活用した5Gネットワークの実現をめざしています。これに対応するため、当社は既存の3G(注2)/LTE/LTE-Advanced(注3)方式の基地局制御装置に対して、5Gに対応するための最小限のハードウェアの交換と、ソフトウェアの変更を行うことで3G/LTE/LTE-Advanced方式との同時運用による柔軟なエリア構築が可能な5Gネットワークの実現を支援します。

当社は、今回提供する基地局制御装置のハードウェアに加え、今後、当社の強みである、単一のハードウェアに対して異なる無線方式を実装可能とするSDR技術(注4)を用いて、既存の基地局制御装置のソフトウェアを機能拡張することで、現行のLTE/LTE-Advanced方式の通信速度を大幅に超える5G商用ネットワークの早期実現に貢献していきます。

当社は、NTTドコモ様とのパートナーシップを今後さらに強化し基地局制御装置の5G対応に向けて開発を加速させていくとともに、5Gを活用した様々なユースケースに対してデジタル技術を活用した共創(Digital Co-creation)ビジネスをグローバルに推進していくことで、お客様の価値創造に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2018/02/26.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

 Copyright 2018 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「富士通、NTTドコモ様と5G商用サービスの開始をめざした基地局制御装置のハードウェア提供に合意