TOKYO, Feb 19, 2018 - (JCN Newswire) - 三菱重工グループの三菱重工サーマルシステムズ株式会社(社長:楠本 馨、本社:東京都港区)は、家庭用ルームエアコン(ビーバーエアコン)の2018年モデル19機種を3月下旬から順次発売します。

高APF(通年エネルギー消費効率)※1で省エネ性に優れた最高級モデルのSWシリーズ6機種、加湿器連動運転機能を新たに搭載した高機能モデルのRWシリーズ6機種および標準モデルのTWシリーズ7機種のラインアップにより、多様なライフスタイルに対応した快適な生活空間を提供します。

3シリーズとも大風量でパワフルな「JET気流運転」、急速な冷暖房ができる「ワープ運転」、風量・風向の自動制御で部屋を均一に効率よく冷暖房する「おまかせセンサー気流」(SWシリーズ)や「おまかせ気流運転」(RW・TWシリーズ)などを搭載しています。また、2018年モデルから初めて、飲料メーカーの株式会社伊藤園の茶殻リサイクルシステムにより開発された茶殻樹脂をフィルターホルダーに配合して資源を有効活用するようにしました。

SWシリーズには、人の動きを検知して設定温度を自動調整する人感センサー機能を搭載。人の不在を検知して冷やし過ぎ・暖め過ぎを抑え、一定時間不在を検知すると自動停止して省エネ(節電)運転につなげます。また、グループ会社である三菱重工冷熱株式会社のハイブリッド加熱気化式加湿器「roomist」SHKシリーズ3機種との連動運転機能も備えています。これは、エアコンの湿度検知機能に基づき、エアコンから加湿器に対して運転・停止信号を送信、その信号を受信した加湿器は、設定湿度に基づき自動で運転・停止する仕組みです。

RWシリーズおよびTWシリーズでは、全タイプの室内機の高さを250mmに抑えてコンパクト化することで、ハイサッシや下がり天井などの隙間スペースにも設置可能です。また、6畳タイプの室外機は、2017年モデルと比べ軽量化しました。RWシリーズは、SWシリーズと同じくハイブリッド加熱気化式加湿器との連動運転機能を搭載しました。

三菱重工サーマルシステムズは、2018年モデル19機種のラインアップで幅広いニーズに応えます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://mhi.co.jp/news/story/1802195925.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。


Copyright 2018 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「三菱重工サーマルシステムズ、ビーバーエアコンの2018年モデル全19機種を発売