TOKYO, Feb 19, 2018 - (JCN Newswire) - 株式会社シーイーシー(以下 シーイーシー、注1)は、富士通株式会社(以下 富士通、注2)および富士通フロンテック株式会社(注3)が製造・販売する手のひら静脈認証装置「FUJITSU 生体認証 PalmSecure Connect(パームセキュア コネクト)」(以下、PalmSecure Connect)を、認証印刷ソリューション「SmartSESAME SecurePrint!(スマートセサミ セキュアプリント)」(以下、SecurePrint!)の認証デバイスに採用しました。シーイーシーは、本ソリューションを2018年4月より販売開始します。

シーイーシーの「SecurePrint!」は、複合機やプリンターの出力時や操作時の本人認証にICカードを活用してきましたが、今回、手のひら静脈認証をラインナップに追加し、セキュリティ強化や利便性向上を図ります。認証デバイスとして採用する富士通の「PalmSecure Connect」は、既存システムや機器に容易に手のひら静脈による認証機能を付与できるため、利用環境を迅速に構築できます。

これにより、複合機やプリンターを利用する際の本人認証強化を図ると同時に、手のひらをかざすだけの認証操作で業務効率化を実現します。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2018/02/19.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。


Copyright 2018 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「シーイーシー、富士通の手のひら静脈認証装置を認証印刷ソリューションに採用