TOKYO, Jan 23, 2018 - (JCN Newswire) - ソニーは、20Hz~50kHzの広帯域収音により、ハイレゾリューション・オーディオ(ハイレゾ)音源の収録にも適したスタジオ録音用コンデンサーマイクロホン『C-100』、エレクトレットコンデンサーマイクロホン『ECM-100U』・『ECM-100N』を発売します。ボーカル録音、楽器録音といったスタジオ録音時の各シーンに対応した3機種を商品化しました。ソニーのプロ向けスタジオ録音用マイクとして、1992年に発売された『C-800G』以来26年ぶりに開発されたこれらの機種は、全て50kHzまで減衰なく収音可能です。製造事業所は『C-800G』を今も製造する、ソニーグループにおけるマイクロホン基幹工場のソニー・太陽(大分県)です。また、音質はソニー・ミュージックスタジオのエンジニアに協力を得て調整しました。ソニーは、音楽制作の現場にハイレゾ音源の普及が進む中、アーティストやクリエイターが本来届けたい音を限りなく忠実に実現する新たなリファレンスマイクを展開します。

全機種、新開発のマイクカプセルを採用。振動膜(ダイヤフラム)の薄膜化・軽量化と背面電極板の音響インピーダンスの低減を実現し、超高域の50kHzまで減衰させずに収音可能です。さらに、『C-800G』で採用されている、不要な共振と共鳴ノイズを防ぎクリアな音を実現する「防鳴筐体構造」も継承しました。高域の抜けや音の透明度が増し、スタジオやコンサートホールの空気感を忠実に収音できます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201801/18-0123/

概要:ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。


Copyright 2018 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「ソニー、広帯域収音でハイレゾ音源収録に対応したコンデンサーマイク3機種発売