TOKYO, Aug 2, 2017 - (JCN Newswire) - ライフサイエンス分野におけるマーケット情報を提供するエバリュエートによると、日本市場における上市済み製品の今後の売上は、新薬および特許切れ製品に対して厳しさを増す薬価改定政策が背景となり、2022年にかけて毎年約2%低下すると予測されています。

画期的な新薬として知られるギリアドのC型肝炎治療薬ソバルディとハーボニーは、日本政府による厳しい薬価引き下げの対象となり、また最近では、小野薬品工業の抗PD-1抗体オプジーボの薬価が50%引き下げられました。

しかし、このような上市済み製品の売上減少は、今後上市される新薬の楽観的な予測によって補填されます。今後上市される新薬の売上予測の上位には、デュピクセント(サノフィ)、イブランス(ファイザー)、エントレスト(ノバルティス)、アデュカヌマブ(バイオジェン)およびエミシズマブ(中外製薬)等があり、2022年には日本市場の売上の34%(*)を占めると予測されています。

エバリュエートは、2017年6月、日本の医薬品市場のコンセンサス予測を発表しました。この予測は、日本の製薬業界およびバイオテクノロジー業界の将来展望に関する新たな洞察を示したもので、適切な意思決定をするための不可欠な情報として、ベンチマーク設定や市場分析に活用することができます。2022年までの上市済み製品と開発中の製品のトップライン予測(円および米ドルベース)に関する詳細なデータは、 http://www.evaluategroup.com/public/JP/Japan_Drug_Forecasts_JP.aspx より無償でダウンロードが可能です。

*2017年6月時点の予測

参考資料: エバリュエート 日本の医薬品市場予測(PDF)
http://www.acnnewswire.com/clientreports/474/20170802.pdf

Evaluate(エバリュエート)について

Evaluate(エバリュエート)は、ライフサイエンス分野における信頼性の高いマーケット情報および分析を2022年までの独自のコンセンサス予測とともに提供しています。エバリュエートでは、EvaluatePharma(R)(製薬)、EvaluateClinical Trials(R)(臨床試験)、およびEvaluateMedTech(R)(医療機器)の3つのWebベースのビジネス分析に加え、お客様の個別の情報分析のご要望には、カスタムサービスとしてお応えしています。さらに、受賞歴を誇るエバリュエートの編集チーム「EP Vantage(イー・ピー・バンテージ)」は、独自の視点による解説記事や分析記事を日々提供しています。

エバリュエートは、ライフサイエンス業界におけるビジネス機会において、その価値を最大化し適切な意思決定をするために不可欠な情報を提供します。詳しくは以下をご覧ください。

- Evaluateホームページ(英語)http://www.evaluategroup.com/
- Twitter(日本語版)Evaluate Japan https://twitter.com/evaluatejp
- Twitter(英語版)
EvaluatePharma https://twitter.com/evaluatepharma
EPClinicalTrials https://twitter.com/EPClinicalTrial
EvaluateMedTech https://twitter.com/EvaluateMedTech
EP Vantage https://twitter.com/EPVantage

※本リリースは2017年8月2日に発表されたリリースの抄訳版です。

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
Evaluate (エバリュエート) 広報代理 エデルマン・ジャパン株式会社 山田、正木
TEL: 03-4360-9000
Email: EvaluateJapanPR@edelman.com


Copyright 2017 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「日本の医薬品市場は2017年から2022年にかけて年平均3.3%(CAGR)で成長するも世界市場の成長(CAGR 6.5%)には届かず