TOKYO, Aug 1, 2017 - (JCN Newswire) - 当社グループはこのたび、「富士通グループ健康宣言」を以下の通り制定しました。

当社グループでは、これまで社員と家族の健康保持・増進のため、生活習慣病対策、がん予防対策、メンタルヘルス対策に向けたストレスチェックなどの各種施策に取り組んできました。今後さらにこの取り組みを強化するとともに、ICTやビッグデータを活用した健康施策の推進を検討していきます。

この取り組みを進める上で、FUJITSU Wayの企業理念の実現を目指し、働き方改革やダイバーシティマネジメントと連動しながら「健康経営」に取り組んでいくため、新たに「富士通グループ健康宣言」を制定し、社員の健康を経営の基盤として位置づけることを明確にするとともに、これまでの社内実践を踏まえてさらに戦略的に、社員とその家族の健康の保持・増進を推進していきます。

富士通グループ健康宣言

富士通グループは、常に変革に挑戦し続け、快適で安心できるネットワーク社会づくりに貢献し、豊かで夢のある未来を世界中の人々に提供し続けるために、社員一人ひとりが心身ともに健康でいきいきと働くことができる環境づくりを目指します。

(取り組み方針)

1.これまで取り組んできた健康の保持・増進活動をさらに強化するとともに、社員一人ひとりの自律した健康管理を積極的に支援します。
2.「働き方改革」「ダイバーシティ推進」の取り組みと連携させて、社員と家族の健康の保持・増進、ワーク・ライフ・バランスの実現、生産性の向上、多様な社員が活躍できる職場づくりなどを総合的に推進します。
3.健康経営に資するICTの提供を通じて、社員、お客様、および社会全体の健康づくりや生産性の向上に貢献します。

ICTやビッグデータを活用した健康施策例

- ICTを活用した遠隔保健指導サービス
- モバイル機器で収集できる情報(食事・薬・ストレス情報・睡眠情報など)を活用した保健指導、個人の行動変容を促すサービス
- 社員食堂やコンビニと連携した食事判定と自動リコメンド
- ビッグデータを安全に活かした健康情報サービスとして、社員と家族の健康データをもとに、生活習慣病対策や重症化予防につなげる健康通信簿サービス

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2017/08/1.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。


Copyright 2017 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「富士通グループ、「富士通グループ健康宣言」を制定