Toyota City, Japan, Aug 1, 2017 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車(株)の北米事業体であるToyota Motor North America(以下、TMNA)と、米国で人工知能等の研究開発を行っているToyota Research Institute, Inc.(以下、TRI)は、米国の非営利団体American Center for Mobility*(以下、ACM)の取り組みにスポンサー支援を行う予定であることを公表した。

ACMはミシガン州南東部で、様々な企業等による利用を想定したコネクティッド・自動運転技術の試験場建設を進めている。先進のコネクティッド・自動運転技術を通じたより安全で効率的な交通手段の実現に寄与するというACMの趣旨に賛同し、TMNAとTRIはACMに合計500万ドルを拠出するとともに、ACMの取り組みを支援する産官チームに加わる予定。技術革新の更なる発展に向け、産学官一体となって取り組みを進めていく。

TMNA研究開発部門の安全・車両性能担当グループ・バイス・プレジデントであるジェフ・マカレウィクス(Jeff Makarewicz)は「トヨタの研究開発拠点のすぐ近くで進行している先進技術向け試験場の建設に、自動車会社として初めて協力できることをうれしく思う。より安全で便利なモビリティ社会に貢献すべく、コネクティッド・自動運転技術の実現に向け、産学官で協力し道筋をつけていきたい」と述べた。

TRIのCEOであるギル・プラット(Gill A. Pratt)は「安全な自動運転技術を開発するには、シミュレーションや公道試験だけでなく、システムを極めて厳しい条件下に置くための試験場での実験も併せて、途方もない距離を試験走行する必要がある。ACMによる試験場の建設はこうした取り組みにおける重要な一歩であり、クルマの安全性を向上させる技術開発の加速につながると考えている」と語った。

ACMの最高経営責任者(CEO)であるジョン・マドックス(John Maddox)氏は「トヨタと協力関係を構築できることをうれしく思う。今日の発表は、トヨタがコネクティッド・自動運転技術開発の加速に向け、未来志向でスピード感を持って取り組んでいることの表れである」と述べた。

ミシガン州のリック・スナイダー(Rick Snyder)知事は「ここミシガン州におけるトヨタの研究開発活動の歴史や、トヨタの同州に対する献身的な取り組みに感銘を受けている。トヨタとACMの協力のおかげで、ミシガン州は今後も、従来の自動車産業からモビリティ産業全般の集積地へと進化を遂げる中で、グローバルリーダーとしての地位を堅持していくことができる」と語った。

*American Center for Mobility: 米国の非営利団体および同団体がミシガン州イプシランティ・タウンシップのウィロー・ラン空港敷地内で建設中の試験場。500エーカー以上の敷地面積を持ち、安全かつ適切に管理された環境下で様々な企業や団体がコネクティッド・自動運転技術等の試験を行えるようにすることを目指す。詳しくはこちら(英語)。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/mail/17984587

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。


Copyright 2017 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「トヨタ、米American Center for Mobilityにスポンサー支援を行う予定であることを公表