新本社地図
外観イメージ
TOKYO, Jul 27, 2017 - (JCN Newswire) - 三菱自動車は2018年12月末予定にて、本社を移転することといたしましたのでお知らせいたします。

現在入居している第一田町ビル(所在地:東京都港区芝五丁目33番8号)の建て替えに伴い、田町駅芝浦口に建設中のmsb Tamachi 田町ステーションタワーS(所在地:東京都港区芝浦三丁目118番8他(地番))に移転します。

移転に際しては、当社にとって最適なワークスペースを構築し、社員の生産性・パフォーマンス向上、モチベーション向上に繋がる取り組みを進めることといたします。社内改革の象徴として、今後部門横断的なプロジェクトチームを立ち上げて、ボトムアップ型で新しいオフィス環境作り、ならびに業務改革を進める考えです。

なお、これまで当社は働き方改革として、有給休暇取得促進、プレミアムフライデーの推進、一斉定時退社日の設定、在宅勤務の推奨などに取り組んでまいりました。本社移転を契機にIT環境・ITツールを充実させることにより、在宅勤務などをより一層浸透させ、育児や介護をする社員だけでなく、一人ひとりのライフイベントやライフスタイルにあわせ易い、環境を整備し、ダイバーシティ推進を加速していきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2017/detail5107.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「Drive@earth」
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp


Copyright 2017 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「三菱自、本社移転の計画について