TOKYO, Jul 26, 2017 - (JCN Newswire) - 三菱商事株式会社(以下、当社)は、新たに英国で5件目となる海底送電資産の運営事業権を取得しましたので、お知らせ致します。

本海底送電資産は、英国北西部沖合約25kmの洋上に位置するバーボバンクエクステンション洋上風力発電所(発電容量25.8万キロワット)及び北ウェールズ・デンビーシャー州ボデルウィダンに建設される変電所を結ぶ、海底・陸上送電線及び付随する洋上・陸上変電設備で構成されます。資産規模は約262億円(180.6百万ポンド)で、本年末頃より事業パートナーと共に20年間に亘り送電を担う予定です。

本事業権の取得に伴い、別途独国に有する4つの海底送電資産と合わせて欧州で9ヶ所、総送電距離約900km、総送電容量約435万キロワットの海底送電事業を運営することになります。

当社は、2013年に欧州海底送電事業を担う統括会社として、英国に100%子会社となるDiamond Transmission Corporation Limited(ダイアモンド・トランスミッション・コーポレーション社、以下、DTC)を設立しました。DTCは、当社から派遣する人員のみならず、資産の保守管理業務等を担う専門チームを擁し、海底送電資産の運営に携わって参りました。DTCがこれまでに蓄積したノウハウを活かし、本事業権の獲得及び本資産の運営に際しては当社がより一層主体的な役割を担っております。今後も英国では海底送電資産の更なる積上げを目指す他、陸上送電線事業、国際連系線事業等への進出も検討しております。

欧州では、2030年までに約5,000万キロワットの洋上風力発電を稼働させる計画があります。また、自然条件に左右される再生可能エネルギーの増加に伴い、送電系統の増強は益々重要となると考えられます。当社は温室効果ガス排出抑制に繋がる事業機会を通じ、経済面だけでなく、環境面や社会面への貢献を実現して参ります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
www.mitsubishicorp.com/jp/ja/pr/archive/2017/html/0000032859.html

概要:三菱商事株式会社

詳細は www.mitsubishicorp.com をご参照ください。


Copyright 2017 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「三菱商事、英国海底送電資産の運営事業権を取得