米国の金融大手モルガンスタンレーはビットコイン関連の複雑な派生商品を顧客に提供することを検討しているようだ。関係筋によると、同社は投資家にビットコインのパフォーマンスが反映する合成したエクスポージャーを提供していく。投資家は、「プライスリターンスワップ」と呼ばれる商品を利用することにより、買い持ちまたは、売り持ちにすることが可能になる。モルガンスタンレーは、各トランザクションのスプレッドを手数料としてチャージする。

内部の承認を得て、開始される。

モルガンスタンレーは直接的なビットコイン取引は計画していない。同社が計画しているスワップはビットコイン先物に絡む。同社のゴーマン最高経営責任者(CEO)は今年初め、「我々は顧客に仮想通貨を直接的に売買させることはない、しかし、デジタル通貨に絡んだ様々な派生商品を支援するトレーディングデスクを立ち上げる」としていた。

同じく米金融大手のゴールドマンサックスや米銀大手シティグループも仮想通貨関連の新商品を準備中。シティグループはデジタル・アセット・レシートとして知られる新たなメカニズムを開発中。ゴールドマンサックスはやはり、ビットコインノンデリバティブフォワードで派生商品を開発中で、また、仮想ファンドのカストディを提供する計画だ。

年初からの相場下落にもかかわらず、伝統的金融機関による仮想通貨市場への参入で、大手機関投資家の参入への期待もひろがり、ビットコインの好感材料となった。仮想通貨ビットコインは14日続伸。1BTC=6500ドルを回復した。

<KY>

情報提供元:FISCO
記事名:「モルガンスタンレー、ビットコイン・スワップのサービスを顧客に提供へ【フィスコ・ビットコインニュース】