米国アップル社は、モバイル商品の中で、仮想通貨採掘のアプリを禁じる措置をとった。政策の変更は、同社商品のハードウェアの適合性に関連しているようだ。

同社は「App Store」の新たなポリシーを更新。電力を効率的に利用するアップを考案。アプリは、急速にバッテリーを食ったり、過剰な熱を出す、または、デバイスに不必要な緊張をあたえるべきではないとした。アプリおよびアプリ内で表示されるサードパーティ広告の中でも、仮想通貨マイニングのような、関係のないバックグラウンドプロセスを許可しないとしている。

アップル社が、仮想通貨アプリに関するポリシーを明確化したのは初めてと、報じられている。

<KY>

情報提供元:FISCO
記事名:「アップル、仮想通貨マイニングを禁止へ【フィスコ・ビットコインニュース】