スズキ<7269>は大幅続伸。前日に業績予想の下方修正を発表している。通期営業利益は従来予想の3300億円から2000億円、前期比38.3%減益に下方修正、増益予想から一転して2ケタ減益となる見通し。インド四輪市場の低迷、国内での完成検査体制再構築に伴う減産などが下振れの背景。ただ、インド市場の足元低迷は認識されており、第1四半期実績が前年同期比46.2%の大幅減益であったことから、想定され得る水準への下方修正で悪材料出尽くし感が先行。 <US>

情報提供元:FISCO
記事名:「スズキ---大幅続伸、業績下方修正も想定線水準で悪材料出尽くし感が先行